お墓を購入するという言い方をしたり、聞いたりすることがあると思いますが、家を建てるための土地と違って、お墓の土地を買うことはできません。お墓はあくまでも利用する権利を得ると考えた方がいいでしょう。ただし、現実にはお墓には価格がありますし、その価格も決して安いものではありません。

では、お墓の価格とはいったい何なのか。一般的にお墓を建立する場所は、お寺・霊園ということになるでしょう。そのお寺・霊園に対しては、まず永代使用料あるいは永代供養料がかかります。

永代使用料は、お寺や霊園ごとに決められていますし、お墓の広さや立地条件によっても差があると思います。広大な敷地を持つ霊園などは、見晴らしや入口からの距離など、様々な条件によっても、この永代使用料が変わってきますが、おそらくお墓の価格のうち、この永代使用料が大きな割合を占めていると思います。

次にお墓の価格に含まれるものが、墓石の価格や建立のための工事費です。墓石は、大きさ・石の素材・デザインなどによっても価格が変わります。

そして、もう一つお墓の価格とは言えないかもしれませんが、お墓の年間管理費も忘れることはできません。年間管理費は、永代使用料や墓石の価格に比べれば安いものですが、年間管理費ですので、毎年払う必要があります。

となれば、やはり払い続けることを考えれば、大きな金額になってくるものです。ただ、この年間管理費を払い続けることで、お墓は常にきれいに管理され、ご家族がお墓の手入れの心配をしなくても済むことになります。

お墓の価格は、こういったことをすべて踏まえて考えなければなりませんが、その他にも、お寺によってはお布施や寄付金が求められることもありますので、お墓の価格の他に支払うべきものがあるかどうかも事前に知っておく必要があるでしょう。

なかなかお墓の情報やお寺の詳細はわかりにくいものです。そんな時は、長年にわたるお墓探し、お墓建立の実績のある石の武蔵家にご相談ください。

contact-image