全龍寺|新宿区 曹洞宗

全龍寺は新宿区にある曹洞宗のお寺です。
繁華街の中にあるお寺ですが、墓所内はとても静かな環境です。

目次

寺院イメージ
価格
所在地
交通アクセス
地図
詳細説明
お問い合わせ

寺院イメージ

準備中

目次に戻る

価格

永代使用料・墓石代

面積 永代使用料 墓石工事価格
0.81㎡ 1,500,000円 1,200,000円~

区画サンプル

年間管理料

お問い合わせください。

目次に戻る

所在地

〒113-0001
東京都文京区白山2-30-5

目次に戻る

地図


大きな地図で見る

目次に戻る

交通アクセス

電車ご利用の場合

JR山手線「新大久保駅」より徒歩3分
都営大江戸線「東新宿駅」より徒歩10分

バスご利用の場合

自動車ご利用の場合

目次に戻る

詳細説明

全龍寺は新宿区にある曹洞宗のお寺です。
平安時代末期から鎌倉時代初期の武将である源頼朝が奥州征伐に向かう途中に、
街道の傍らにあったこの寺に立ち寄りお湯を所望・奥州平定の祈願を依頼し、
再開を約束して出発したことで知られています。

JR山手線「新大久保駅」より徒歩3分と駅からすぐのところにあるため、
交通の便が優れていることが特徴の一つです。
駅近くということで繁華街にほど近い場所にありますが、
そんなことを感じさせない静かでお参りしやすい環境が整っています。
また、バリアフリー化もしっかりとされているため、
足の不自由な方も安心してお参りすることができます。

墓域には江戸幕府における最後の佐渡奉行である鈴木重嶺氏や、
「さんか」と呼ばれる人々についてをまとめた小説家の三角寛氏の墓所があります。

目次に戻る