東京・埼玉・神奈川でのお墓探しや、都営霊園・公営霊園・寺院墓地をお探しなら、石の武蔵家へ。

興禅院|川口市 曹洞宗

興禅院は川口市にある曹洞宗のお寺です。
安行八景に選ばれるほど景観に優れた寺院です。

目次

寺院イメージ
価格
所在地
交通アクセス
地図
詳細説明
お問い合わせ

寺院イメージ

目次に戻る

価格

永代使用料・墓石代

面積 永代使用料 墓石工事価格
0.80㎡ 600,000円
1.08㎡ 800,000円
1.20㎡ 850,000円
1.80㎡ 1,300,000円

※平成24年9月 新規区画開放

区画サンプル

年間管理料

お問い合わせ下さい

目次に戻る

所在地

〒334-0058
埼玉県川口市安行領家401

目次に戻る

地図


大きな地図で見る

目次に戻る

交通アクセス

電車ご利用の場合

埼玉高速鉄道「戸塚安行駅」より徒歩18分

バスご利用の場合

埼玉高速鉄道「戸塚安行駅」国際興業バス 西川04
「西川口駅東口」行き乗車3分
「花と緑の振興センター」バス停下車 徒歩約1分

自動車ご利用の場合

国道4号(草加バイパス)「梅島陸橋」より 約19分
国道122号線「赤羽駅前」より 約18分

目次に戻る

詳細説明

興禅院は天文15年(1546) の開創に、助天当益大和尚によって
開山された曹洞宗のお寺です。
瑞龍山観音寺興禅院と号し、旧鳩ヶ谷市大字里の法性寺の末寺です。
本尊は釈迦如来坐像で、『新編武蔵風土記稿』には恵心(源信)の作と記載されており、
江戸時代の貞享4年(1687)に第六世住職心如椿牛大和尚の代に、
旗本藤川氏によって寄進されたと伝えられています。
当寺は長い歴史のなかで何度か被災をしており、現在の本堂は大正9年(1920)に再建されたものです。

境内には、関東郡代伊奈氏の重臣の墓所があります。
また、鐘楼にはかつての富田氏寄進の梵鐘が掛けられており、
この鐘は音色が麗しく名鐘として親しまれていましたが、
太平洋戦争時の供出の命により姿を消しました。現在の鐘は三代目となります。

埼玉県川口市安行領家という自然豊かで静かな環境下にある興禅院の寺域は、
安行八景に選ばれていて、また市指定の散策コースになっている場所です。
春は桜、秋に黄、赤、白色の彼岸花、紅葉、他にアジサイ、シャクナゲなど、
さまざまな季節ごとの花が見所となっています。
また、本堂左の墓地内のスダジイと呼ばれる大木には元禄年間のお地蔵様が根本に抱えられており、
東側崖下の小さな泉には弁財天が祀られていて、地域の方々にとっても貴重な散策コースとなっております。
1月、5月、9月の9日に弁財天祭が行われ、お墓探しをする方々でも、ご一緒に楽しく参加できます。

目次に戻る

お墓を探す

東京・埼玉・神奈川でお墓をお考えの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい
TEL 0120-14-6348 受付時間:9:00~18:00
休業日:毎週水曜日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

資料請求・お問い合わせ

   

協力サイト

           
PAGETOP