東京・埼玉・神奈川でのお墓探しや、都営霊園・公営霊園・寺院墓地をお探しなら、石の武蔵家へ。

お墓の地震対策

あの未曾有の大震災より、数年が経過いたしましたが、
現在でもまだ震災の傷跡が各地に残っています。

概に、昔からのご先祖代々のお墓を護られている方々や、
ご自分がお建てになられたお墓をお待ちの方々、
又、これからお墓探しを行いお墓を建てるご予定がある方々より、
地震に対する様々なご相談やご心配のお問合せのほうを多数いただきました。
皆様からのお問合せを踏まえさせて頂き、
高価なお金をかけずに早急に対策・防止することが可能な方法について、
いくつかの方法を資料にまとめさせていただきました。

また、実際に、現在建っているお墓の状態が安全であるかどうか?
そんな疑問に対しても、無料診断を随時実施しております。

目次

花立ての落下による破損防止
耐震ボンドによる目地補修
地盤強化(D-BOX工法)

花立ての落下による破損防止

説明

お墓と一緒に作られた花立ては一度地震で揺れてしまうと容易に倒れてしまいます。
そして落下した衝撃で花立てが欠けてしまったりして、
花立てやお墓が壊れてしまうこともしばしばあります。
そんな地震による花立て落下での事故を防ぐために、
石の武蔵家ではソフトファスナーを利用した耐震手段を提案しています。
これはソフトファスナーを花立ての底面に貼り付けることで花立てと床の繋がりを強化し、
その結果として地震による花立ての落下を防ぎます。

イメージ画像

jisin_img01

目次に戻る

耐震ボンドによる目地補修

説明

コンクリートで作られた目地は、時間が経過するにつれてやがて劣化し、
最終的にがボロボロとなってしまいます。
こうなってしまうと万が一地震が発生した場合、目地としての役割を果たすことができず、
最悪の場合石塔ごと倒れてしまう可能性もあります。
石の武蔵家では、コンクリートで作られた目地や劣化した目地を修復する際に、
耐震ボンドによる目地補修を推奨しています。
耐震ボンドが固まりゴム状になる事により地震の揺れを吸収し、
結果として地震が発生した場合も石塔を守る効果が期待できます。

イメージ画像

jisin_img02

目次に戻る

地盤強化(D-BOX工法)

説明

どんなに頑丈なお墓を作り上げたとしても、
お墓の下にある地盤そのものが軟弱な状態のままでは、
地震は地面から伝わってくるものですから、地盤ごとお墓が倒壊することも考えられます。
そのような地盤によるお墓の倒壊を防ぐために、
石の武蔵家では地盤を強化するための工法である、D-BOX工法をおすすめしています。
このD-BOX工法は国土交通省によって運営されている、
NETIS(新技術情報提供システム)に登録されており、
地盤補強・振動低減対策・液状化対策等の複合効果を持つ実績のある工法です。
D-BOX工法についての詳細は、こちらからご確認下さい。

イメージ画像

jisin_img03

目次に戻る

東京・埼玉・神奈川でお墓をお考えの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい
TEL 0120-14-6348 受付時間:9:00~18:00
休業日:毎週水曜日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

資料請求・お問い合わせ

   

協力サイト

           
PAGETOP