皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

ゴールデンウィークも終わって休日が懐かしく感じるころですが、
次の祝日は7月ごろとしばらく先になるようです。
休日で貯めたパワーで何とか今月と来月と頑張っていきたい所です。

自分は良く休みの日にお茶漬けを食べています。
ふりかけの様に中身をご飯の上にかけて、
そのままお湯を注ぐだけで簡単にお茶漬けが食べられるタイプですが、
ご飯だけ炊いておけば簡単に食べられるので、
休みの日などゆっくりしたいときには手軽さが嬉しいです。

そんなインスタント茶漬けですが登場は実は割と古く、
1952年に永谷園が発売したのが最初となります。
近年ではフリーズドライ製法で作られたおかずが美味しいものであったりとか、
最中の皮で茶漬けの具を包み込み、お湯をかけることでお茶漬けになるタイプ、
更にはカップ麺の様に具と御飯が最初からセットになっていて、
お湯をかけるだけで完成するタイプと様々な種類が登場しています。

また、比較的安価であるというお茶漬けのイメージを覆す、
高級なお茶漬けを出すお店も登場しています。
自家製の出汁をこしらえて厚切りの鮭を乗せたご飯の上から出汁をかけたり、
調理された豚肉・鶏肉の上から出汁をかけたりと、
そのお手軽さと豪華さから人気を集めているようです。

都内にもいくつかお茶漬け専門店ができていますので、
一度お墓探しを兼ねて探しに行ってみてはいかがでしょうか?