皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

先日行われたセンター試験。
私もセンター試験について記事を作りましたが、
地理の問題でムーミン谷がある場所について出題がありました。
ニュースなどにもこの問題は取り上げられており、
フィンランド大使館もコメントを出したことも話題となっております。

ムーミンとは作家であるトーベ・ヤンソンの代表作として有名です。
小説や絵本などの一連のシリーズをまとめてムーミンシリーズと言います。
日本でも比較的なじみのあるキャラクターで、
ムーミンをよく知らないという方でも、
主人公のムーミントロール、気の強い性格のミイ、旅人のスナフキンなどは、
テレビのCMなどでも見かけることが多いと思います。

さて、今回の試験問題で焦点になったのは、
ムーミンからフィンランドを選択できるかという点でした。
この問題はムーミンの画像の横に別の番号の画像が2種類、
そしてフィンランド語・ノルウェー語の書かれたイラストがあり、
アニメの舞台とその国の言語としてどれが適切かという内容でした。
そのため、ムーミンを知らなくとも別の番号の画像2種類から推察し、
正解であるフィンランドを導くことができるというのが専門家の見解でした。
しかし小説における設定では、ムーミン谷は架空の世界であるという説もあり、
この問題は適切だったのか賛否両論となっています。

皆様は今回の問題、どのように考えますか?