皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

先日平昌パラリンピックが開幕しました。
3月9日から18日まで行われます。
平昌オリンピックの時もそうでしたが、
今回も日本人選手の方々には頑張ってほしいです。

ところでパラリンピックといえば皆様もご存知の通り、
身体障碍者を対象にしたスポーツ大会ですが、
具体的にどのようなものなのかはご存知でしょうか?

パラリンピックの始まりは、
1948年に行われたロンドンオリンピック開会式と同じ日に遡ります。
その当時はまだパラリンピックという名称ではなく、
ストーク・マンデビル競技大会と呼ばれていました。
これはストーク・マンデビル病院で入院中である、
第二次世界大戦中に負傷した兵士たちのリハビリの一種として、
「手術よりスポーツを」という理念の下で始められました。
初期のころは入院患者達だけが参加者の競技大会でしたが、
その後毎年開催され続け、1952年には国際大会となり、
さらに1960年にはこの年のオリンピックが開催されたローマで行われました。
これを後に第1回パラリンピックと呼ぶようになりますが、
実際にパラリンピックと呼ぶようになるのは1988年頃です。

パラリンピックで行われる各種競技には同一レベルでの選手同士で競えるように、
障害の種類や部位・程度によるクラス分けが行われています。
そのため、一つの競技でも複数のクラスで行われ、
そのクラスごとにそれぞれメダルが授与されるようになっています。
しかしながらクラス分けがされているとはいえ、使用する器具による性能差や、
オリンピックと比べて強化費や助成金・スポンサーの少なさといった問題もあるため、
これらの是正が今後の課題と言われています。