三浦市は神奈川県南東部の三浦半島最南端に位置する市です。人口はおよそ4万5千人。
横須賀市の南に位置するこの市は、西岸を相模湾、東岸を浦賀水道、南岸を太平洋にそれぞれ囲まれており、
東京湾への玄関となっています。市域の大部分は台地で、
平地は少なく標高の高い山はないものの起伏に富んでいるため水田に適した低地がない関係から、
昔からこの辺りでは野菜畑が作られ、また低地の殆どは住宅地となっています。

この地域は古くから人の居住が確認されており、市内からは縄文時代や弥生時代の遺跡が多く発掘されています。
平安時代後期に入ると、相模国の武家である三浦氏の勢力下となり、戦国時代初期までその支配は続きました。
天正18年(1590)に徳川家康が関東に入った際に三浦半島も領地となり、
当時すでに港として発展していた三崎は天領とされました。
その後も漁港である三崎を中心に発展し続けてきました。現在三崎漁港は遠洋漁業の拠点であり、
日本でも有数のマグロの水揚げ港として知られています。

三浦半島には古い歴史から、遺跡や文化財が多く、そこここに古い石碑や墓石が見受けられます。
また近年開設された大規模な宗教自由の民営霊園や横須賀市営霊園といった場所では延々と林立する墓石群の光景が広がります。
風光明媚で気候も温暖なこのエリアでお墓探しをしようということになると、
墓地分譲中の寺院、数箇所の民営霊園、市営の霊園などが対象となります。
実際にお墓探しを行う際の見学時に気をつけなければいけないのは、
家からお墓を建てる場所までの所要時間や距離といった要素です。
将来いつまでも、自分で自家用車でお墓参りが出来るとも限らないので、
特に公共交通の便の良し悪しについては重要なので、よくよく考えて選定していかなければなりません。

実際の交通手段は、JR横須賀線、京浜急行の各駅と、そこから先は京浜急行バスなどの路線バスかタクシー利用となり、
自家用車でなら国道134号線や、横須賀三浦間を結ぶ神奈川県道26号、有料自動車道路の横浜横須賀線といった道路を利用する形となります。

石の武蔵家では、この市及びその周辺地域で寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、
墓石を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
どの寺院・霊園も石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image