世田谷区は東京都23区の西側に位置しています。
人口はおよそ87万人と東京都23区の中では最も人口が多いことが特徴の一つですが、
その一方23区中で2番目に面積が広く、人口密度は高くはありません。
都心部からの距離は、吉祥寺、埼玉県川口市、千葉県松戸市と同じく15km圏です。
歴史的には元来武蔵国で、東京都の区への編入は、昭和時代の世界恐慌後のことです。
地理的には大部分を武蔵野台地の内、南部に位置し、地形の起伏がやや大きくなっています。
また、世田谷区南部は多摩川に沿い、区内の地域内平均と比べても全体的に土地が低く、
この玉川の段丘の斜面の連なりをみどりの生命線と呼んでいます。
気候的に内陸性気候の特徴を持っていて、冬となると都心部と比べて最低気温が低く、
冬日となることもしばしばです。その一方夏場は内陸側としてはやや涼しく、最高気温もそれほどには上がりません。

世田谷で墓石と言えば、区内の数多くの仏教寺院の境内墓地に見られる墓石を思い浮かべることになります。
区内には、昔から各地に寺院が点在していましたが、今なお比較的広い境内や墓地を持つ寺院も多いようです。
そんな寺院の中でも、国宝級の多くの寺宝のある奥沢の九品仏浄真寺は特に有名です。
その広大な 境内には天然記念物のカヤ、大銀杏、などもあります。
また井伊直孝を招き入れたという招き猫の伝説で有名な豪徳寺など、区内には名刹が点在しています。
また北烏山界隈には「寺町」と俗称で呼ばれることもあるくらいに寺院が集中しています。
一方、小規模な霊園墓地も各地に作られてきました。
世田谷区でお墓探しをする場合には、やはり家から墓地までの距離が気になりますね。
区内には都心部から放射状に各鉄道路線が通っており、
その鉄道路線間の連絡や各駅と住宅地を結ぶようにバス路線が走っているため、
これらをバランス良く利用することで区内を自由に移動することができます。

石の武蔵家では、世田谷区の寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、
墓石を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
どれも石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、
区内に墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image