伊勢原市は神奈川県のほぼ中央に位置する市です。人口はおよそ10万人。
市の北西端に位置する大山からの土砂が堆積してできたとされる扇状地の伊勢原台地や愛甲台地・相模平野といった地理に囲まれた伊勢原市は、
その人口のほとんどが伊勢原駅を中心とする伊勢原地区と、東端にある愛甲石田駅がある成瀬地区とに集中しています。
かつて伊勢原市とその周辺は純農村地帯でしたが、高度経済成長期における宅地開発により、
現在では東京郊外のベッドタウンとなっています。その一方で、稲作・果樹作・酪農などの各種農業については現在でも続いていて県内では盛んな地方です。

伊勢原市の名前の由来は元和六年(1620)に遡ります。
当時、伊勢の曾右衛門と鎌倉の湯浅清左衛門の2名が大山参詣の途中に、
現在の千津公園である千手ヶ原という松原に一夜の宿を求めたところ、
近くの水音を聞いてこの地が開墾することができることを確信し、
当時このあたりを支配していた中原代官成瀬五左衛門の許可を得て、開墾に着手しました。
その過程で粕屋あたりから人が集まりはじめ、現在の市街地の基礎が形成されました。
ある程度開墾が進むと、曾右衛門はこの新しい開拓地の鎮守として、
故郷である伊勢の神宮の神様を勧請し、奉祭することにしたことから由来しています。

伊勢原市周辺の墓地を調べてみると、大山周辺の寺院墓地をはじめ、
開墾当時から歴史ある寺院が各地に存在しているだけでなく、
都市化による人口増加に伴い、市内にも霊園墓地が作られています。
そんな市内各地の寺院墓地・霊園墓地を探す場合、重要となるのは家から墓地までの距離や交通手段です。
市内の交通手段を調べてみると、鉄道交通では新宿駅まで直通となる小田急電鉄小田原線が中心となります。
ただ、この場合では伊勢原地区にある伊勢原駅か、成瀬地区にある愛甲石田駅に限られてしまうため、
市内を循環する各種バス交通が整備されており、市内でのお墓参りには苦労することはありません。
また、市内から近隣市区町村への移動については市内に所在する鉄道駅が2つしかありませんので、
基本的には自動車の利用となります。そのため、周辺地域の墓地に向かう場合は、
伊勢原駅・愛甲石田駅からタクシーやバスなどを利用する形が一般的となります。

石の武蔵家では、伊勢原市及びその周辺地域にある寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image