免許の返納

皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

近年は高齢者による交通事故が激増しています。
特に、ブレーキとアクセルの踏み間違いや、
一方通行の侵入方向の間違いといった、
判断能力の低下による操作ミスによる事故はかなりの割合を占めており、
交通事故自体は減少傾向なのに対して、
全体の割合としても高齢者による事故は増えています。

警視庁では運転免許が不要になった高齢者を始めとした方々に対して、
自主的な運転免許の返納を行っています。
この制度は1988年4月から高齢者による交通事故の多発を受けて導入されたもので、
管轄地域の警察署や運転免許センターで手続きを行う事が出来ます。
これらの施設で運転免許を返納すると、
身分証明書として使用できる運転経歴証明書を貰う事が出来ます。
この運転経歴証明書の有効期間は無期限となっています。

また、都道府県によっては様々な特典を得る事ができます。
例えば自治体主催の特典では路線バスや電車の割引、
指定されたタクシー業者の運賃の割引が、
民間主催の特典では補聴器や車いすの購入費用の割引、
その他ホテルやレジャー施設の使用料の割引など、
返納する事で様々なメリットを受ける事ができるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL