台東区は東京都のやや北東よりに位置し、東側には隅田川があり、対岸の墨田区との区境となっています。また、区の南端では隅田川との合流点付近の神田川に接しています。
この地域は江戸時代を通じて、最も古い市街地のひとつであったことで知られ、中でも浅草の浅草寺は都内でも最古の寺とされ、建立1400年の歴史を誇っています。
周辺に住んでいる人々からは、浅草観音ないし浅草の観音様といった通称で広く親しまれて来ましたが、近年では隣接のスカイツリーと併せて海外からの観光客のホットスポットとしていよいよ賑わっています。

また、この地域は当時の流行の発信地であったとされ、江戸時代では元禄文化(町民文化)が息づき、明治期からは美術館や博物館、現在の東京芸術大学など、様々な情報や文化の一大発信地であり、都内でも有数の文化の街となっています。
この台東区には大正12年の関東大震災や第二次大戦の被災などから免れた、浅草橋界隈の問屋街など、大正昭和初期の街並みや風情が残っている一画が現存します。
旧き良きものが残っていると言うことでは、そのような一般的な住居や町並みばかりではなく、それ以前より現存していた寺院や墓地においても同じことが言え、江戸情緒や江戸の文化や歴史を今に伝える佇まいは、観光や散策のお客様を優しく出迎えてくれることでしょう。

それら風情ある町並みの高評価の証として、台東区は益財団法人古都保存財団などからなる「美しい日本の歴史的風土100選」において、次世代に残す美しい日本の歴史的風土が、良好に保存されている事例として、区内の寛永寺や上野公園周辺、谷中の街並みが選ばれております。
それと同時に、台東区は東京国立博物館表慶館や東京国立博物館など国の重要文化財の数々を守ってきている区なのでもあります

さて、そんな古さと新しさを兼ね備えた台東区ですが、区内の交通事情にも同じことが言えるようで、各種新幹線や山手線・京浜東北線や常磐線、私鉄の各線に加えて首都圏新都市鉄道つくばエキスプレスといった数々の路線や、東京メトロ銀座線や日比谷線、都営地下鉄浅草線や大江戸線、など十分すぎるほどの路線がひしめいています。
鉄道路線の各駅を補い結ぶ形で路線バスや、さらには隅田川の水上バス路線まで完備しています。

この様に台東区内でお墓を建てるための墓地選びの際には大変重要なポイントとなる足回りにはまず不安はありません。地域柄、あまり霊園らしい霊園はありませんが、江戸時代以来の在来仏教の各宗派のお寺さんにはこと欠かないエリアでもあります。
お墓探しでも、その後のお墓参りにでも移動ルートの豊富さと便利さでは大変素晴らしいエリアです。

石の武蔵家では、そんな台東区の寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、墓石を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。どれも石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、台東区に墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image