皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

今年は沢山の台風が日本列島に襲い掛かっています。
現在も台風25号が沖縄に接近しており、
早ければ今夜沖縄に最接近するとのことです。

ところで日本では台風の事を台風〇〇号と名前を付けていますが、
実は台風にも固有の名前が付けられているのをご存知でしょうか?

台風に固有名詞を付け始めたのは比較的古くからあり、
第二次世界大戦後からアメリカが英語名を付けて管理していましたが、
北西太平洋や南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である、
台風委員会が平成12年から加盟国が提案した名前を使う事にすると決めました。
平成12年の最初の台風1号に「ダムレイ」という名前を付け、
それ以降発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いていきます。
140個目の名前である「サオラー」という名前が使われた後は、
最初の名前である「ダムレイ」に戻ります。

日本もこの台風委員会に加盟しており台風の名前を付けていますが、
てんびん座である「てんびん」や、やぎ座である「やぎ」というように、
その多くは星座から取られたものが多いようです。
そのほかの名前の例では人の名前であったり、植物や鳥の名前であったり、
変わった名前ではたぬきを意味する「ノグリー」や、
お菓子の名前である「ブアローイ」というような名称を使う事もあります。