品川区は東京の中央からやや南西に位置し、東海道五十三次の始まりの地、
または東京への玄関口として江戸時代以来、その存在感を見せている区でもあります。
しかし今では品川区といえば超高層ビルが立ち並び、
交通の要所となっている品川駅をイメージする方も多いと思われます。
ベイサイドの新オフィス街として発展しつつあるモダンなエリアからちょっと離れてみると、
いかにも下町そのままの旧東海道沿いには、昭和の臭いそのままの商店街とか、庶民的な町並みが残っている区でもあります。
歴史や講談などに登場する寺社や遺跡も数多く、それらを巡るウォーキングコースもあります。
また「品川駅」は住居表示では、実は品川区内にあるのではなくて港区内にうるのも面白いですね。

さて、お墓選びを行う上で重要な事はいくつかありますが、
その中でも特に重要なのは、お墓参りをする際にお墓のある寺院や霊園への交通手段が便利かどうか、という点です。
品川区及びその周辺の交通情報を見てみると、
鉄道自体はJR山手線・京浜東北線・埼京線・湘南新宿ライン・横須賀線や、東急目黒線にりんかい線に東京モノレールなど、
多種多様な路線が通っていて、大変発達していると言えます。
これらは主に大崎駅や大井駅等を経由しているため、鉄道を利用しての周辺地域への移動は便利です。
バス等の道路による交通情報についても、南北にまたがって第一京浜・第二京浜・湾岸通りが、
更にそれらを縦断する形で山手通りと言った首都圏の大動脈と呼ばれる主要道路が通っているため、
自動車やバスを使った移動も発展していると言えます。その分日中は比較的混雑しますが、
バスなどの利用にはさほど問題にはなりません。

冒頭でも触れましたように品川は東海道五十三次の始まりの地として発展してきたことから、
旧東海道沿いには数多くの寺院が今でも残っています。石の武蔵家ではこれらの寺院を始めとして、
品川区内の数多くの優良寺院をご紹介しています。
品川区でお墓を持ちたい、お墓を探したい、お墓を建てたいとお考えの方は是非ともご相談下さいませ。

contact-image