皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

今朝がた大坂北部を中心に震度6弱の地震がありました。
比較的広範囲に揺れを観測したとのことでしたが、
皆様は大丈夫でしたでしょうか?
地震が発生したらすぐに安全なところに避難できるように、
日頃から気を付けるべきとよく言われますが、
実際にはすぐに移動するのが難しいというのが現状です。
せめて家の中に防災用品をしっかりと準備しておきたいものです。

地震が起きそうになると色々な動物が前兆をとらえたのか、
様々な異常行動をするようになると言われています。
昔からよく言われる例としては、
ナマズが暴れると地震が起きるという話があります。
この俗説は江戸時代の初期頃から江戸での地震の被害が大きくなるにつれ、
ナマズの不思議な行動と地震との関連性から始まり、
江戸時代末期には世間一般にも信じられていたと言われています。
特に安政2年(1855)の安政江戸地震の直後には、
ナマズをモチーフにした錦絵まで作られています。

ナマズ以外ですとネズミやミミズなどの小動物が、
地震が起きそうになると大移動をすることなどがよく言われており、
これらについては地震の前に起こる地殻変動から発生した陽イオンにより、
それらが動物たちに多大なストレスを与えることで、
異常な行動を起こすという研究結果も出ています。
ひょっとしたら将来的に地震の事前感知のために、
動物が利用されるかもしれません。