坂戸市は埼玉県中央部にある市です。人口はおよそ10万1千人。
市域の地域の元々は、天正12年(1584)に小田原の北条氏の家臣である大道寺駿河守政繁が、
元坂戸から139軒の宿をこちらに移し、新たに坂戸宿が開かれたのが始まりです。
およそ300年後の明治22年(1889)に、町村制の施行に伴い、周辺の村々が合併して原型となる坂戸村となりました。
その後人口が増えた結果、明治29年(1896)には坂戸町に、その後昭和29年(1954)に複数の町村が合併し、
昭和51年(1976)に圏内39番目の市として市制が施行されました。

坂戸市の地名の由来については諸説あります。
有名なものとしては源義家の家臣で坂戸判官教明が住んでところから来ているという説ですが、
当時ここに住んでいたという証拠がなく、それ以外にも集落の境の場所という意味であるとか、
坂を降りた入口という意味であるという説もあります。
最近では、古代豪族である物部氏ゆかりの地名ではないかとする説も現れています。

この坂戸市には、古くからの寺院が数多くあります。
その中の慈眼寺には、樹齢260年以上、高さ15mの市指定の天然記念物であるしだれ桜があり、
その開花時期には県内外から多くの見物客が訪れます。また市内の名所のひとつに、
台湾の伝統宗教である道教の寺院の聖天宮があります。
この寺院は日本に現存する道教の寺院としては最大級のもので、台湾出身の康國典大法師が建立しました。

さて、そんな坂戸市内の墓地の中で、お墓探しを行う際には、数箇所の霊園や分譲中の境内墓地を持つ寺院などが対象となります。
霊園などを実際に見学して検討する際には、家からその墓地までの距離が重要となります。
東武東上線や越生線の各駅から霊園墓地までのバス便のチェックが欠かせません。
将来、お墓参りの際に、必ずいつまでも自家用車で行けるとは限りませんから、公共交通機関でいけるかどうかも大切なポイントとなります。

石の武蔵家では、坂戸市の霊園や寺院にお墓を建てたいとお考えの皆様に、
お墓を建てる上で重要となる寺院・の優良墓地情報を提供しております。
どれも石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、是非ともご相談下さいませ。

contact-image