無事に東京都内に墓地が見つかり、新しいお墓の建立が済んで、開眼法要が行われ納骨が済めば、大切なご家族の安住の地は、そのお墓となるわけですが、お墓もただそのままできれいに保てるわけではありません。

そのために墓地には永代供養料・墓石費用、そして年間管理費がかかってきます。年間管理費は、墓地の広さや管理団体によって料金も違えば、管理の内容にも違いがあると思います。

墓地も、そこにあるだけで何の手もかけなければ、朽ちたような姿になってしまいます。たとえば、お参りの際に供えられたお花も、枯れれば取り除かなければなりません。故人の好きな食べ物を供える方もいらっしゃいますが、お供えの品もいつまでも崩れずにはいません。

途中で消えってしまったお線香も、雨が降れば灰が流れて、あたりを汚してしまいます。多くの施主の方がたびたび、そんな墓地の手入れをするというわけにも行かないものでしょう。

そこで、東京都内の霊園やお寺では年間通して墓地の管理を行ってくれるわけですが、この管理の中身も、お寺や霊園によって違いがありますので、お墓を決める際には、管理内容を確認することも大切です。

管理費は、公営の墓地の場合はかなり安い金額に設定されているようですが、民営の場合は様々で、数万円かかる墓地もあるようです。東京都内で墓地をお探しの時は、お墓建立のためにかかる費用、そして建立後にかかる年間管理費のことも考える必要があるでしょう。

一部、管理費が不要な墓地もあるかと思いますが、まったく管理されていない墓地を選ぶのであれば、まめにお参りが必要になるかもしれません。ご本人がお元気なうちは、お墓参りも苦労ではないかもしれませんが、代々受け継ぐことを考えれば、管理費がかかってもある程度しっかり管理が行き届いた墓地をお勧めしたいと思います。

石の武蔵家では、施主様を一番に考えた墓地をお勧めしていきます。

信頼できる石材店、石の武蔵家にお任せください。

contact-image