新しいお墓を建てる際に、まず最初に迷うのが場所の選択ですが、ようやく霊園や墓所が決定すれば、次に迷うのが墓石です。石の武蔵家は石材店ですので、これまでも多くの墓石建立に関わってきました。

お墓探しから始まって、墓石の選択、そして墓石建立が済んだ後のお墓に関する行事・法要のお手伝い、そしてお墓のメンテナンスと、石の武蔵家とお客様のお付き合いは長く続きます。もちろんの墓石の選び方に付いてのご相談もたくさんお受けして、お客様のご希望と宗派と、お墓を建てる霊園や寺院の慣習や規制なども考慮して、墓石を選ぶ際のアドバイスをさせていただいてきました。

昔の墓石の選び方は、やはり菩提寺の他のお墓を見習って選んでいたのではないでしょうか。それが、今ではかなり自由に、好みによって選択する方も増えているようです。ただし、霊園や寺院によって、墓石の大きさやデザインが制限されているところもありますので、霊園を決めてしまってから、希望する墓石が建てられないといった事態が起こらないとも限りません。まずは、霊園や寺院の意向を調べることも、墓石の選び方の一つでしょう。

以前は、多くの場合、昔からの和風型の墓石を選ぶ方が多かったのですが、最近、墓所自体も様相が変わってきていますので、芝のある庭園のような墓所や、洋風の霊園が増えたために、墓石もそういった墓所・霊園に似合ったタイプを選ぶ方が増えてきたのでしょう。また、全く墓石の既存の形にとらわれない、オリジナルのデザインを選ぶ方も多くなっています。たとえば、生前の趣味の物を墓石として形で残したり、刻む文字も信条であったり、好きな言葉であったり詩であったり様々です。

石の武蔵家は、これまでに7000世帯を超える墓石の建立に関わってきました。そんな豊富な経験は、取り扱った墓石の種類にも表れています。おそらく、どんな注文にも対応できる実績があると思いますし、対応できる精密な加工技術を持っております。

墓石の選び方、オリジナルデザインの実現などのご相談は石の武蔵家にお任せください。

contact-image