小金井市は東京都の多摩地域にあり人口はおよそ12万人です。

市内のほぼ全てが住宅地で典型的なベッドタウンとなっております。
市の北側には桜の名所として知られる小金井公園、南には武蔵野公園や崖のあたりにある自然林などがあり、
周辺部には今も緑が多く残っているところです。
地名の由来にはいくつかの説があり、ひとつは市の南部を東西に走る国分寺崖線の崖の南側のことを金井原と呼んでいたものを、
「こがねいはら」と読んだという説、もうひとつはこの崖に沿って黄金に値する豊富な湧き水があるということを、
地元の人達が「黄金の井」、「こがね井」と称したという説などがあり、はっきりしたことはわかっていません。
また、この国分寺崖線の崖は地元の人達からは「はけ」と呼ばれており、段丘の北側は古来より水の便が悪く、
玉川上水が開削されてから初めて本格的に開発が始まったそうです。

小金井市の南側には府中市を跨ぐような形で都立霊園である多磨霊園があります。
多磨霊園は日本初の公園墓地で、面積も都立霊園としては最大級の大きさです。
もちろん多磨霊園以外にも小金井市内には寺院墓地をはじめ民営の霊園墓地もあります。
そんな小金井市の墓地で、お墓探しをする際に気をつけなければいけないのは、
実際の家から墓地までの距離や所要時間を把握することです。
この距離や所要時間があまりにも遠かったり時間がかかりすぎたりすると、お墓参りの際に大きな支障をきたすことになります。

小金井市内の交通事情は、鉄道としてはJR中央本線や、西武鉄道多摩川線が通っています。
JR中央本線は都心との間を結ぶ便利な大動脈であり、西武多摩川線は武蔵野市と府中市を結ぶ路線で、多摩地域の移動に便利な路線です。
小金井市内にある鉄道の駅から各種路線バスやタクシー利用で、目的の墓地まで快適に移動できます。
また車での移動の際は、東西方向には五日市街道で、南北方向については府中市から清瀬市に繋がる小金井街道、
同じく府中市から清瀬市に繋がる新小金井街道が主要幹線となります。

石の武蔵家では、小金井市及びその周辺地域にある寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
小金井市で寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image