川越市は埼玉県南西部にあり人口はおよそ35万人で、
埼玉県内ではさいたま市・川口市に次ぐ第3位の人口を擁する県を代表する市の一つです。

市内には城跡・神社・寺院・旧跡といった歴史的建造物が多く、
文化財の数では関東地方では神奈川県鎌倉市や栃木県日光市に次ぐ程の数を誇ります。
関東大震災や第2次世界大戦といった震災や戦災を免れたために、現在でも歴史的な街並が残っており、
市内の観光名所には年間約620万人もの観光客が訪れる観光都市でもあります。

江戸時代以前よりその地理的な要衝のため、平安時代には河越館に豪族の河越氏が興り、
武蔵国筆頭の御家人として鎌倉幕府で権勢を誇りました。
室町時代に入ると上杉氏の家宰である太田道灌によって河越城が築城され、
上杉氏、次いで北条氏の武蔵国支配の拠点となり、戦国時代には関東平野の覇権を決する河越夜戦の舞台ともなりました。
江戸時代に入ってもその重要性は変わらず、この辺り一帯は代々親藩・譜代の川越藩の城下町「小江戸」と呼ばれるほど栄えました。
当時の川越藩は江戸幕府にとって北の守りであり、また武蔵国一の大藩としての格式を誇り、
酒井忠勝・堀田正盛・松平信綱・柳沢吉保といった重臣や御家門の越前松平家が配される所でした。
そのため江戸時代から商工業や学問が盛んでした。
明治時代に入るとこの市は埼玉県下随一の城下町であったことから、廃藩置県時に川越県として、
その後入間県の県庁所在地となりました。
特に入間県は東京都武蔵野市周辺から秩父や熊谷なども含んで発足し、当時の埼玉県の7割を占めていました。
現在の埼玉県が成立後はそちらに含まれ、
県内で最初に市制を施行したのもこの市です。その後も地域の核として発展が続いて、今に至ります。

そんな川越市の墓石と言えば、蔵つくりの街の瓦の波と、市中のお寺の境内墓地に建つ墓石群が思い浮んできます。
昨今の墓石の林立する風景となると、市郊外の各所の広大な霊園墓地の墓石ということになるでしょうか。
市内およびその周辺に多数ある霊園・寺院の中から、我が家の墓石を建てるための墓地を探そうとする場合に、
選定する上で大事なポイントの一つは、寺院や霊園への交通の便の良し悪しとなります。
この選定を誤ると、せっかく墓石を建てても、将来お参りに行けなくなるといった事態に直面しかねません。
交通事情を見ると、ターミナル駅の川越駅を中心に東武東上本線やJR川越線があり、
また西武新宿線の本川越駅が交通の起点となります。市内の各駅からは、
コミュニティバスやイーグルバス・東武バスウエスト・西武バスといった各種路線バスの利用か、
またはタクシー利用により目的の墓地へ行くことになります。

石の武蔵家では、この地域の寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、
墓石を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
どの寺院・霊園も石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、
墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image