府中市は東京都の多摩地域にある市です。東京都23区の西側、東京都内のほぼ中央部に位置しています。

市域全体が武蔵野台地上にあります。また、多摩川中流左岸の河川段丘に広がっており、
多摩川を挟んで対岸側に多摩丘陵があります。北東部には浅間山があり、
標高はおよそ80mとなっています。市の中央からやや南を府中崖線が、
北側に沿って国分寺崖線がそれぞれ東西に走っています。
この2本の崖線と浅間山付近を除くと、市域全体の99パーセント以上を平坦な土地で占めています。

この地は大化の改新後に武蔵国の国府が置かれていた地であることから、古代から政治・経済・文化の中心地として栄え、
武蔵国の国府という意味で府中と呼ばれていました。
また、この地以外の国府と区別するために、武蔵府中とも呼ばれていました。
鎌倉時代には要衝地域として、江戸時代には甲州街道の宿場の中でも大きな宿場である府中宿として発展していきました。
第2次世界大戦後もこの市は多摩地域の主要都市として、行政機関や病院などといった公共機関が数多く集積しています。

府中市には小金井市を跨ぐ形で多磨霊園があります。多磨霊園は大正12年に開園された都立霊園の中でも最大の大きさの霊園です。
当時の東京市街からは離れていたこともあり、あまり使用されることは無かったといいます。
昭和9年に元帥海軍大将の東郷平八郎が名誉霊域(7区特種1側1番)に埋葬されたことから多摩霊園の名が広く知られることなり、
利用者が大幅に増えて以後高い人気を誇るようになったそうです。
ここには大平正芳(政治家・第68・69代内閣総理大臣)、新渡戸稲造(農学者・東京女子大学学長)、
三島由紀夫(小説家)他数々の高名な人士が眠っているため、霊園内の墓石ツアーが行われているほどです。
もちろん多磨霊園以外にも、市内には数多くの寺院墓地や霊園墓地が点在しています。
そんな府中市で墓石を建てるための墓地を探そうとする場合には、
重要な要素となるのが家から墓石を建てた墓地までの交通手段や所要時間です。
この点を軽視して墓地を決めて墓石を建ててしまうと、最悪の場合にはせっかく墓石を建てたにもかかわらず、
なかなかお墓参りに行けないといった事態になりかねません。
市内及び周辺の交通事情を調べてみると、鉄道は京王電鉄京王線と競馬場線、JR南武線、JR武蔵野線、
西武鉄道多摩川線が市内を通っています。市内にJRの駅はないために、
JR中央本線を利用して市内及び周辺地域の墓地まで行く場合には、
別途バスやタクシーなどの交通手段に頼ることになります。
府中市の主要な道路は市の中心部から放射状に伸びており、市内には各種路線バスが循環しているため、
電車から下車後の移動に不自由はありません。

石の武蔵家では、この地域の寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、
お墓を建てる上で重要となる寺院・霊園に関する優良墓地情報を提供しております。
どの寺院・霊園も石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、
墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image