座間市は神奈川県のほぼ中央にある市です。人口はおよそ13万人。
市域は中央部を南北に縦断する座間丘陵を境として、東部には相模原台地が、
西部には相模川に沿った沖積低地がそれぞれ広がっており、起伏に富んだ地形を構成しています。

座間市は平塚宿を起点に田村で中原街道と交差し、
厚木・海老名・座間・相模原を経由して八王子まで通じる八王子街道の宿場町として、昔から栄えていました。
昭和初期に入ると、この地域は農村としてだけでなく、
陸軍士官学校及び高座海軍工廠の設置により、軍事色の色合いを強めていきました。
しかし、第二次世界大戦後に米軍の進駐により軍事施設は解体されることになります。
その後、昭和30年代半ば頃からは新たに大企業の誘致が行われるようになり、
自動車産業を中心とした、いわゆる企業城下町となりました。
また、それによる急激な人口の増加を受けて、当市は昭和40年代では農村から工業及び住宅都市へと変貌を遂げ、
現在では県下33市町村中4位の人口密度をもつ市町村となりました。
近年では自動車産業が不景気の煽りで撤退してしまったものの、
人口においては神奈川県内でも比較的高い水準で現在も増加しており、
隣接する相模原市や大和市などと同様のベッドタウンとして現在に至っています。

そんな当市の寺院・霊園墓地で墓石を建てるための墓地を探す場合、
家から寺院・霊園墓地までの距離や所要時間といったものが重要な要素となります。
この要素は寺院・霊園の様子や価格等の要素に比べて軽視されがちなものですが、
将来、自家用車や徒歩などで寺院・霊園まで移動することができなくなり、
寺院・霊園まで公共交通機関を利用せざるを得ない状態になった場合、
墓石を建てた寺院・霊園が公共交通機関の利用に適さない場所であったなら、
せっかくお墓を建てた寺院・霊園墓地までお墓参りすることができないといったことになりかねません。
当市の交通事情にとって小田急線と相鉄線の存在は、お墓探しの上ではどちらも欠かすことができない路線です。
なぜなら寺院・霊園でのお墓探しの際はこれら2つの路線を利用することになるからです。
また、これ以外にも相模鉄道本線が市内の南端を通過していますが、鉄道駅は市内にはなく、
その代わりに地区によってはかしわ台駅や小田急相模原駅といった鉄道駅に、徒歩で利用可能な地域もあります。
その一方、当市を巡回している路線バスについては、利用者数の減少や周辺地域の道路事情の変化などから、
区間距離や本数は減少傾向にありますので、寺院や霊園の場所によっては路線バスが通っていないといった自体もありえますから、
十分な注意が必要です。

石の武蔵家では、当地及びその周辺地域で寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、
墓石を建てる上で重要な寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
どの寺院・霊園も石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、
墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image