建国記念の日

皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

平昌オリンピックがいよいよ開幕しました!
オープニングとなる開会式ではLEDドローンによる飛行などで大盛り上がりを見せましたし、
スピードスケートでは高木美帆選手が5位入賞と、
早くも白熱した戦いが見れました。
その一方で開会式が終わった後に帰れないといったトラブルもありましたが、
今後の展開が楽しみになってきました。

さて、本日2月11日は建国記念の日です。
日本における建国記念の日は旧暦換算で紀元前660年1月1日で、
新暦に直すと2月11日ということで、この日を建国記念の日と定めています。
この日は古事記や日本書紀において日本神話の登場人物であり、
また初代天皇ともされている神武天皇が即位した日となっています。
建国記念の日は1873年に制定されましたが第二次世界大戦後に一度は廃止され、
その後1966年に国民の祝日として復活したのです。

このような流れで決まった建国記念の日ですが、
かつては建国記念の日を何時にするのかという事で議論が展開されました。
1966年に建国記念の日を復活させるにあたって、
例えば日本社会党(現在は社民党)は日本国憲法が施行された5月3日に、
民社党・朝日新聞は聖徳太子が十七条の憲法を制定したとされる4月3日、
サンフランシスコ講和条約発効日である4月28日や、
太平洋戦争の終戦日である8月15日など、色々な意見が出てきました。
結果として祝日法改正により本日2月11日になったのです。

ちなみに本日午前10時から、
外苑並木通りを出発して青山通り経由で表参道を歩くパレードや、
午後1時からは明治神宮会館を会場に式典が開かれるそうです。
こちらの行事は毎年沢山の参加者でにぎわいますので、
お近くにお出かけの際は一度見に行ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL