春日部市は埼玉県東部にある市です。人口はおよそ23万3千人。
さいたま市と並び埼玉県を代表する市のひとつです。

江戸時代から日光街道の宿場町として栄えた歴史を持つこの市は、
様々な観光スポットやイベント、さらには特産品があることで知られています。
春日部市がかつて宿場町で栄え、その当時の様子を辿るために粕壁宿めぐりをしてみると、
道標や最勝院、郷土資料館といった歴史を感じさせる場所に出会うことができます。
また、初めて訪れた方がこの粕壁宿めぐりを行いたいとお考えの際には、
春日部情報発信館「ぷらっとかすかべ」に10日前までに予約することで、
ボランティアの観光ガイドさんが町中を案内してくれますので、安心して見学することができます。
当市を代表するイベントといえば、やはり日本一の凧である「百畳敷春日部(宝珠花)の大凧」をあげる大凧あげ祭りも欠かせません。
これは毎年江戸川の河川敷で5月の3日と5日に開催されるお祭りで、
その年に初節句を迎える子どもたちの健康と幸福な成長を願う儀式を行った後に、
和紙と竹で3ヶ月掛けて作られた大凧をあげる市民一体で開催されるお祭りです。
その圧倒的な大きさの凧が舞い上がる姿は、筆舌に尽くし難い迫力があります。
また、春日部市には沢山の特産品がありますが、
代表的なものとしては桐箪笥・麦わら帽子・押絵羽子板・そして桐箱の4つです。
どの特産品も長年受け継がれている匠の技が用いられた特産品で、
例えば桐箪笥は経済産業大臣が指定する伝統的工芸品のひとつとして知られていますし、
桐箱に至っては300年もの伝統を誇る名品です。もちろんこれ以外にも様々な特産品を取り扱っています。

そんな当市にある寺院・霊園墓地で墓石を建てようと考えた場合、
考えなければいけないこととして、家から墓石を建てた寺院・霊園墓地までの距離や所要時間、そして移動経路です。
特に移動手段については将来、自力で車を運転することが困難になった場合のお墓参りを想定した場合にでも、
公共交通機関利用で容易に行くことが出来る寺院・霊園墓地であれば、
そちらを利用することで墓石を建てた寺院・霊園墓地まで通い続けることができます。
当市の交通状況を調べてみると、鉄道は春日部駅をターミナル駅として、
東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)や東部アーバンパークライン(東武野田線)が通っています。
JRの駅はなく私鉄のみの駅とはなっていますが、東武スカイツリーラインは台東区浅草駅までを結んでいるため、
直接当市に向かってお墓参りすることもできますし、東部アーバンパークラインについては千葉県船橋駅までを結んでいる路線で、
途中を通る流山おおたかの森駅はつくばエクスプレスと連絡しているため、
秋葉原駅などの都心部からこちらを経由することで当市に入り、お墓参りに向かう事ができます。
また、市内の路線バスについては朝日自動車や平成エンタープライズ、東武バスや、
市内を循環しているコミュニティバスなどが春日部駅を中心に運行しており、
駅についてから墓石を建てた寺院・霊園墓地までお参りに向かう事が可能です。

石の武蔵家では、当市の寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、
墓石を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、
当市の寺院・霊園に墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image