春日部市は埼玉県東部にある市です。人口はおよそ23万3千人。
市域は南北におよそ12キロメートル、東西におよそ11キロメートル、
そして面積はおよそ66平方キロメートルとなっており、都心からはおよそ35キロメートル圏内にあります。
北側には宮代町と杉戸町が、南側には越谷市と松伏町が、西側にはさいたま市と白岡市が、
そして東側には江戸川を挟んで千葉県野田市がそれぞれ隣接しています。

春日部市では毎年10月1日を「春日部市民の日」として制定しています。
これは平成の大合併における新「春日部市」が新たなまちづくりを歩み始めた10月1日(市制施行日)を「春日部市民の日」としたもので、
春日部市民全員が、郷土の歴史と文化を振り返り「ふるさとかすかべ」への愛着と誇りを持ち、
春日部市民であることを自覚し、市民同士の一体感や共感をはぐくみながら、
春日部市の将来のまちづくりを考える日としています。

この春日部市の有名な特産品としては、桐ダンスや桐箱などの桐製品があげられるでしょう。
日光の東照宮の創建時に、おびただしい数の職人たちが集められましたが、
日光街道の宿場町であった粕壁にも木工の職人たちが住み付いたことから、
江戸時代の初めから桐製品の産地であったということです。
桐材には優れた防腐効果、防虫効果、防湿効果などがあるため、
桐製品は、当時としては現代以上に貴重な箪笥であり、保存容器であったことでしょう。
貴重な美術品や、高価な品を納めるために、今日でも桐箱はごく普通に使われていますね。

そんな春日部市の寺院墓地や霊園墓地でお墓を建てようと考えた場合、
考えなければいけないこととして、家からお墓までの距離や所要時間、そして移動経路です。
特に移動経路については万が一自家用車や徒歩といった自力での移動によるお墓参りが困難になった場合でも、
公共交通機関が充実している寺院墓地や霊園墓地であれば、
そちらを利用することでお墓参りを引き続き続けていくことが可能となります。
当市の交通状況を調べてみると、鉄道は春日部駅をターミナル駅として、
東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)や東部アーバンパークライン(東武野田線)が通っています。
JRの駅はなく私鉄のみの駅とはなっていますが、東武スカイツリーラインは台東区浅草駅までを結んでいるため、
直接当市に向かってお墓参りすることもできますし、東部アーバンパークラインについては千葉県船橋駅までを結んでいる路線で、
途中を通る流山おおたかの森駅はつくばエクスプレスと連絡しているため、
秋葉原駅などの都心部からこちらを経由することで当市に入り、お墓参りに向かう事ができます。
また、市内の路線バスについては朝日自動車や平成エンタープライズ、東武バスや、
市内を循環しているコミュニティバスなどが春日部駅を中心に運行しており、
駅についてから寺院・霊園墓地までお墓参りを行うことが可能です。

石の武蔵家では、当市の寺院・霊園にお墓を建てたいとお考えの皆様に、
お墓を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、当市でお墓を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。 

contact-image