朝霞市は埼玉県南部にある市です。人口はおよそ13万2千人。
地形は大きく荒川低地と武蔵野台地に分けられ、その高低差はおよそ40メートルほどです。
市のすぐ南は東京都練馬区と隣接しています。北東部は荒川を挟んでさいたま市、戸田市と隣接しています。

朝霞市では地域の人々との交流を活発に行うために、様々なイベントを計画しています。
代表的なものとしては、朝霞市民まつり彩夏祭が有名です。
こちらは毎月8月の第一日曜日を基準とする3日間で開催されるお祀りで、歴史は意外に浅く昭和59年(1984)から始まりました。
当時から市内の発展と社会の情報化が進むにつれて便利な世の中になる一方、朝霞市という地域への愛着や連帯感、
そして地域に住む人と人との繋がりが薄れて行くことに危機感を抱いた市民の皆さんが、
その現状を何とか打破しようと考えて始められたものです。
開催当初こそ盆踊りと打上げ花火をメインとしたオーソドックスなお祭りで、規模も小さなものでした。
しかし、それから回を重ねるにつれて開催規模も大きくなり、
今では、約68万人(第30回実績)もの方が来場する大きなお祭りになり、朝霞市を語る上で欠かせない夏の風物詩となっています。

そんな朝霞市及びその周辺地域で霊園墓地を探す場合、一番大切なこととしては家から霊園までの距離や所要時間となります。
これらの要素を軽視して霊園墓地にお墓を建ててしまった場合、将来になって自分で車の運転をすることが困難になってみると、
お墓参りができにくくなってしまった、という事態にもなりかねません。
交通状況に調べてみると、鉄道路線についてはJR武蔵野線や東武東上線の2つの路線が通っています。
特に、池袋駅と当市を結ぶ東武東上線の朝霞台駅はJR武蔵野線との乗換駅であり、
同時に普通・準急・急行・快速全てが停車するため、東上線全駅中で3番目に多い乗降人数があります。
これらの各駅前から路線バスか、タクシー利用で目的地の墓地まで向かうことになります。
東武バスウエストや西武バス・国際興業バス、また市内を循環する市営バスが通っているため、
バスを利用した交通についても何ら問題はありません。

石の武蔵家では、当市やその周辺地域にある霊園墓地でお墓をお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
ホームページに記載されていない霊園墓地もございますから、
当市の霊園墓地でお墓を建てたいとお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image