杉並区は東京都23区のひとつで、都内西部に位置しています。
江戸期には阿佐ヶ谷、天沼、下荻窪、堀之内の4つの村は麹町山王日枝神社の領地であり、
上井草、下井草の2つの村は旗本今川氏の領地で、
和田村の全部と和泉、永福寺村の大部分は旗本内田氏の領地、
そして残りの11の村は幕府直轄の天領であったということです。
高井戸あたりは甲州街道の宿場町であったそうですが、他の江戸四街道と比べると寒村地帯を通る上に、
参勤交代で通行するのは3大名8万6千石に過ぎなかったため、他の街道沿いの宿場町のような発展を見ることはありませんでした。
そのために元々この辺りは行政区分としては多摩地方とされていましたが、
1929年頃の世界大恐慌の後に東京都に編入されました。
そのような歴史のために、現在も自然が多く残された閑静な住宅地、として発展をしてきました。

お墓探し・お墓参りを行う上で重要となる要素として、交通の便の良さが挙げられます。
どんなに素晴らしい寺院墓地や霊園墓地でも交通の便が良くなければお墓参りのために通うのに苦労してしまいますし、
法要を行う際にも余計な手間がかかってしまいます。
さて、杉並区の交通事情を見てみると、JRでは中央本線、その他京王電鉄京王線各線や西武鉄道、東京メトロ各線が通っています。
中央本線については新宿駅や東京駅に出る際に便利ですし、
京王線各線については井の頭線が渋谷駅や吉祥寺駅といった交通の要所に出やすくなっています。
一方道路交通については古来より甲州街道や青梅街道、五日市街道等の大通りが比較的発達しています。
バスについてもコミュニティバスが杉並区内を巡回しており、
杉並区内にあるお墓参りを行う際にはそのきめ細やかな移動には欠かせない存在となっています。

石の武蔵家では杉並区でお墓をお考えの皆様に、自信を持ってお勧めできる寺院墓地や霊園墓地をご用意しています。
ホームページ上には記載していないものもございますので、杉並区内でお墓をお探しの方は、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

contact-image