江戸川区は東京都23区のひとつで、23区内では最東端に位置しています。人口はおよそ68万人。

小松菜の発祥は江戸川区とされていて、江戸川区では「小松菜アイス」や「小松菜そば」といった、
小松菜を使った郷土料理が区内の至る所で売られています。
江戸幕府の将軍徳川吉宗は、毎年冬になるとたびたび江戸川区小松川へ鷹狩に来ていました。
ある日、鷹狩に来た吉宗が昼食時に、名前が無かった菜が入った味噌汁を食し、
その味に感動したことからこの菜を「小松菜」と命名したことに由来しています。
それ以来、小松菜は江戸川区が発祥とされ、現在では小松菜を生産するためのビニールハウスが各地に立ち並び、
その収穫量は全国トップクラスになるほどです。

また、江戸川区は明治時代から“東京の春の花暦は、鹿骨の草花から始まる”と言われるほどの花の産地としても知られています。
特に台東区入谷で開催される、東京の夏の風物詩として有名な「入谷の朝顔市」では、
朝顔の出荷数では全体の7割にあたる量を記録するほどです。
それ以外にも、ポインセチア・サクラソウ・シクラメン・花壇苗など、
1年を通じて豊富な種類と高品質を両立した様々な草花が生産されています。
これらの沢山ある花々の生産を支えているのが、「江戸川花卉園芸組合」です。
「江戸川花卉園芸組合」は、江戸川区のこれまでの良き伝統を受け継ぎ、現在の消費者ニーズにも対応しながら、
花卉産業の振興を通じて「花のまち江戸川区」をPRしています。

そんな江戸川区で墓石と言えば寺院か霊園などの墓地で、となります。
その中から墓石を建てる場所を選ぶ祭に重要となるのは、
家から墓石を建てる寺院・霊園墓地までの移動にかかる時間やルート、それに移動手段となります。
特に移動手段については重要で、将来、自分達で車などを利用して墓石を建てた墓地まで移動できなくなった場合、
公共交通機関を利用して墓石を建てた寺院・霊園墓地まで移動できるかどうかはお墓参りを行う上で重要なポイントとなります。
当地の交通ルートは旅客向け鉄道だけでも、JR総武線・京葉線、京成電鉄京成本線、都営地下鉄新宿線、
最後に東京メトロ東西線の合計5路線通っていますが、これらは全て区内を東西方向へ横断的に移動するルートを通っています。
そのため、区内を南北へ移動するためには、路線バスを利用する形となります。
そのために、当地では南北方向への交通網を補強するために、区内各鉄道路線を南北に結ぶ急行バス「シャトルセブン」が運行しております。
この急行バスは2007年から2008年までの1年間に試験運行されたものが好評だったため、現在ではダイヤ改正に伴う大幅な増便をされることで、
区内を南北へ移動するための主要な交通機関として欠かすことができない存在となっています。
さらに、現在では北区の赤羽駅と江戸川区の葛西臨海公園駅を結ぶ環状鉄道計画「メトロセブン」が計画されています。
こちらは本格的な稼働までにはまだ時間がかかりますが、完成の暁には南北への交通ルートは更に拡充され、
お墓参りを行う上で非常に便利な鉄道路線になることは間違いないでしょう。

石の武蔵家では、この地域の寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、
墓石を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
どの寺院・霊園も石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、
この地域に墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image