深谷市は埼玉県北部にあり人口はおよそ14万3千人です。
現在に至る深谷市の始まりとしては、康正2年(1456)に室町時代中期の武将である上杉房顕が深谷城を築き、
その周辺に城下町が形成されたところからです。
江戸時代に入ると五街道の一つである中山道の宿場が置かれ、宿場町として大きく発展しました。
明治時代に入ると明治22年(1889)の町村制施行により、深谷宿を始めとした村々とその一部が合併し、
榛沢郡深谷町が成立します。そこからさらに榛沢郡が統合により大里郡となり、
さらに昭和30年(1955)に大里郡の各町村が合併し、現在の形となりました。
その後、平成18年(2006)にも新たに岡部町、川本町、花園町と合併するなどして今に至ります。

深谷市は深谷ねぎというブランドで知られる生産量日本一を誇るネギを中心とした農業や、
チューリップを始めとする花卉の栽培業が盛んです。
また、かつては地元で取れる土から作られたレンガや瓦などの製造も盛んでした。
その流れもあって、深谷駅は駅全体がレンガ調となっており、関東の駅百選にも選ばれる建築です。
現在では市の東部に工業団地が造成された工業都市ともなっています。

このエリアでお墓を探す場合、旧城下町であった市内にはお寺もたくさんあり、
墓地分譲中のところも多いですし、同時にまたいくつかの霊園も対象となるでしょう。
お墓探しの際にはいくつかのポイントがありますが、見落とせないのが家から霊園墓地までの距離が重要な要素です。
市内及び霊園のある周辺地域も含めて、ターミナル駅となる深谷駅にはJR高崎線、
JR八高線や上越新幹線、秩父本線といった路線が乗り入れています。
そして市内循環や熊谷駅行き・成田空港行きといった各種バス路線も充実しています。
周辺部の霊園への移動にはバス路線やタクシーを利用すると便利でしょう。

石の武蔵家では、深谷市の霊園や寺院にお墓を建てたいとお考えの皆様に、
お墓を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
どれも石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、
霊園や寺院にお墓を建てたい方は是非ともご相談下さいませ。

contact-image