羽村市は東京都多摩地域の西部にあり、東京都の市の中では最も人口が少なく、およそ5万5千人が暮らしている市です。

市域は多摩川中上流左岸と一部右岸に広がっており、西と北を青梅市、東を西多摩郡瑞穂町、南を福生市、あきる野市と接しています。
市の面積は9.91平方キロメートルと、日本全国の市の中で7番目に小さい面積で、東京都の市に限っても、狛江市、国立市に次いで3番目に小さな面積の市です。

かつては養蚕を主産業とした農村地帯でしたが、明治22年(1889)の町村制施行により、
羽村・五ノ神村・川崎村が合併して神奈川県西多摩郡西多摩村が発足。
さらにその4年後には多摩地域の一部が東京府に移管することで東京府西多摩郡西多摩村となりました。
戦後の昭和31年(1956)、西多摩村は町制施行に伴い現在の前身である西多摩郡羽村町となり、
高度経済成長期に伴う工場の誘致建設などにより人口が増加、
また、それに伴う市街地の整備により、平成3年(1991)に市制施行し羽村市になり、
現在では東京のベッドタウンのひとつとなっています。

羽村市内の代表的な墓地といえば、羽村市営の公営墓地である富士見霊園です。
もちろん市周辺地域まで視点を広げると、墓地分譲中の寺院墓地や、
宗教自由の民営の霊園墓地などが候補に上がります。実際にこの周辺でお墓探しをする場合に、
重要な要素のひとつとなるのは、家から墓地までの距離や所要時間です。
羽村市の交通として、主要な鉄道路線はJR青梅線です。
この路線は立川市の立川駅から西多摩郡奥多摩町の奥多摩駅までを結ぶ路線で、
都心からのアクセスには一度立川駅までJR中央線を使用し、そこから乗り換えとなります。
また、羽村市内はコミュニティバスが運行され、
同じ青梅線の小作駅から周辺地域への西東京バスの各路線で周辺地域への移動が可能となっています。

石の武蔵家では、羽村市及びその周辺地域にある寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
羽村市で寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image