皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

花粉症が辛い時期になりましたが、皆様は大丈夫でしょうか?
幸い自分は花粉症になったことはないのですが、
この時期に外を出歩くと、たくさんの人がマスク等をして花粉から身を守っています。
花粉症は何時発症するかわからないので、
ひょっとしたら自分も気が付いたら花粉症になってしまうかもしれません。
出来るだけ早く花粉症の特効薬が出来たら良いのですが……

さて、そもそも花粉とは一体何でしょうか?
Wikipediaで調べてみると、花粉とは植物の花のおしべから出る粉末状の細胞で、
これがめしべにくっつくことで受粉され、
新たな植物が誕生することができるようになります。
言い換えれば花粉が無ければ新しい植物が誕生することができなくなってしまいます。
このように、花粉自体は植物が広がりを見せるために欠かせないものではあるのですが、
人間の体内にこの花粉が侵入すると、
花粉が肥満細胞の抗体とくっつくことで他のアレルゲンと接触した際に、
ヒスタミン等のアレルギー誘発物質が放出されます。
それが人間の体内で鼻水・鼻づまり・くしゃみ等と言ったアレルギー反応を引き起こすわけです。

花粉症を誘発する原因となる植物は50種類に及び、
有名な杉や檜だけでなく、ブナやハンノキ、ケヤキやヨモギなど多種多様で、
一年中何らかの花粉が飛んでいると言われています。
そのため、この時期に花粉症を発症しなかった場合でも、
別の時期に花粉症になってしまう確率は十分あります。

そんな花粉症を防ぐには、帰宅後の洗顔やうがいといった基本的な事や、
花粉が多くなる時期や時間帯を避けて外出する等、
徹底した花粉症対策が必要になります。
最近なら空気清浄機の導入でも効果を出していると言われていますので、
皆様も花粉症にしっかりとした対策を心がけてください。