茅ヶ崎市は神奈川県中南部にある市です。人口はおよそ23万7千人。相模湾に面した湘南地方の中心に位置する特例市です。

茅ヶ崎市の始まりは明治41年(1908)に高座郡の茅ヶ崎村・鶴嶺村・松林村がそれぞれ合併したところからです。
当時はまだ茅ヶ崎町という町制が敷かれていました。その後、関東大震災で多大な被害を被ったものの、
順調に復興を遂げて昭和22年(1947)に市制施行に伴い、現在の茅ヶ崎市となりました。
その後も度々高座郡の村と合併するなどで発展を続け、今に至ります。

気候は温暖で太平洋に面しているため、関東地方においては珍しく、夏は涼しく冬は温かい気候となっているため、
東京や横浜のベッドタウンとしても人気が高く、市制施行以来人口は増え続けています。
また、その一方で観光都市として湘南エリアの一翼を担っていて、夏場は海水浴場として数多くの海水浴客が訪れます。
また、サーフィンや各種マリンスポーツを行う人も一年を通して多く、
また、海岸線にはサイクリングロードも設けられており、
マリンスポーツ以外にも多くの市民がサイクリングやジョギングといったスポーツを楽しめるようになっております。

そんな茅ヶ崎市ですが、墓地を探そうと考えた場合には、
市内にある数ヶ所の霊園墓地かお寺さんの境内墓地、また納骨堂などが対象として考えられます。
まずは、実際に見学をしてみて、自分の家に合った墓地を探すことになります。
宗旨のことや墓地の環境などポイントとなることがいいろいろあります。
また、家から墓地までの距離や交通アクセスがどうかも大事です。距離が遠かったり、
所要時間がかかり過ぎ、お墓参りがしづらくなってしまうということもあり得ますから、この点の注意も必要です。

茅ヶ崎市の交通事情としては、茅ヶ崎駅がターミナル駅でJR東海道本線とJR相模線の2つの路線が通っています。
JR東海道本線で東京駅と、JR相模線ではJR横浜線や京王電鉄相模原線と接続しています。
JR相模線では橋本駅経由で小田急小田原線の厚木駅・海老名駅と接続しているので、場合によってはこちらのルートの利用も可能です。
これら鉄道路線で茅ヶ崎市に入り、最寄り駅に到着した後は、神奈川中央交通や市内のコミュニティバス利用で、市内を移動することになります。

石の武蔵家では、茅ヶ崎市及びその周辺地域にある寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
茅ヶ崎市で寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image