草加市は埼玉県南東部にある市で、埼玉県では6番目に人口の多いおよそ24万5千人が暮らしています。

江戸時代では日光街道で江戸柄2つ目の宿場町草加宿として栄えた所が現在の市の原点となっています。
周辺部は水田地帯で、当時は稲作が中心となっていました。
草加市の始まりは明治22年(1889)の町村制が施行されたところから始まります。
現在の市周辺にあった南草加村や北草加村といった村々が合併し、北足立郡草加町として成立しました。
その後、昭和30年(1955)には谷塚町・新田村と合併や編入により大きくなり、昭和33年(1958)には市制施行により市となり、
それに伴う町名や町域の変更が行われた結果、現在の市内の形となりました。
その当時は5万人にも満たない小規模な市でしたが、
昭和38年(1963)の松原団地の造成や東武伊勢崎線と東京メトロ日比谷線の相互直通運転開始に伴い急激な都市化が進行しました。
また、近年では半蔵門線・東急田園都市線との相互直通運転も開始され、ベッドタウン化がますます進んでおります。

関東平野のほぼ中央部に位置しているため、市内の殆どは平坦な地形となっています。
かつては綾瀬川をはじめとした数多くの河川が存在するために洪水に悩まされてきましたが、
東京外環自動車道とともに計画された綾瀬川放水路の完成で、大規模洪水は激減し、現在に至っています。
草加駅周辺では東側は再開発ビル群による大型商業施設がある一方で、
草加宿を中心とした商店街も広がっており、先進的な姿の中にどこか江戸時代の面影を残しています。
その一方で西側には閑静な住宅街が広がっており、埼玉県や東京都のベッドタウンとしての一面も見せています。
また、近年では施工当時東洋一と謳われた松原団地が建物の老朽化に伴い解体、
再開発が行われているなど、新たな発展を見せています。

このように古くからの宿場町としての歴史と、急激に都市化が進む地域ですが、
近年では主に東京の墓地需要に応える形での墓地開発が活発化し始めましたが、
現在にあっては地元の墓地需要に応えるための霊園墓地が続々と作られております。
それぞれに特長があり、多角的に良くご検討をされることが大事です。
また市内には、もともとの伝統的な寺院境内の墓地でなお分譲中のところが数多く有ります。

墓地を探す際に気になるのは、家から墓地までの距離や所要時間です。
草加市は国道4号線に加え、東京外環自動車道やその高架下の国道298号線のおかげで、
タクシーや自動車を利用した移動が格段に向上しています。
また鉄道も、東武伊勢崎線の草加駅を中心に東京メトロ日比谷線利用で都心部へアクセスできます。

石の武蔵家では、草加市及びその周辺地域にある寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
草加市で寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image