藤沢市は神奈川県南部中央にあり相模湾と接してます。
湘南と呼ばれる地域の中でも最大の42万人の人口を有する大都市で、
湘南の中心となっていると言っても過言ではありません。

藤沢市の始まりは、江戸時代に鎌倉仏教の時宗総本山の清浄光寺の門前町として、
また東海道6番目の宿場町である藤沢宿、また同時に江ノ島詣の足場として栄えたことでした。
この当時の姿は、江戸時代に活躍した浮世絵師歌川広重の作品「東海道五十三次」にも描かれています。
その後、藤沢市及びその周辺は気候も温暖であることから、
明治時代中期より日本初となる計画別荘地として開発され、
皇族や政治家だけでなく、数多くの学者や文化人などが居を構えた事により別荘地・保養地・避暑地として発展し、
芥川龍之介・武者小路実篤・岸田劉生と言った数多くの文化人の創作活動の舞台となりました。
第二次世界大戦後は東京のベッドタウン化が進んだ結果、人口は一気に急増するとともに、
JR東海道本線・JR湘南新宿ライン・小田急江ノ島線の3つの鉄道が集まる藤沢駅を中心に商業施設が発達し、
現在の藤沢市となりました。

人口の急増と共に墓地墓石に対する需要も拡大し、伝統的な仏教寺院の境内墓地意外にも、
数多くの民営の霊園が開発され続けています。また、市営の大型の霊園として大庭台霊園も開設されております。
これらの墓地にお墓を建てる上で考えなければいけない点として、お墓参りがしやすい場所であるかどうか、
という点がお墓選びの際の重要な要素の一つとなります。
その点で言うならば、この藤沢市は、非常に魅力的な選択肢となります。その理由として、交通アクセスの利便性です。
藤沢市への鉄道を利用したアクセスは先程もお話したとおり、
JR東海道本線・JR湘南新宿ライン・小田急江ノ島線があり、都心部との重要な鉄道ラインとなっています。
さらに市内を走る各種路線バスの利用で、快適に目的地の寺院・霊園墓地に向かうことができます。
車利用の際には、最寄りとなる高速道路の新湘南バイパス藤沢ICから向かうか、都心部から横浜市経由の形となります。

石の武蔵家では、藤沢市内及びその周辺地域の寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、
墓石を建てる上で重要な寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。
掲載されている情報はどれも石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっております。
掲載できない情報についてのご紹介できますので、
藤沢市に墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

contact-image