豊島区は東京の北西部に位置しています。
東京を代表する繁華街にしてターミナルである池袋が現在の区の中心です。
都心と埼玉県のアクセスの要所となる池袋駅を中心とする副都心を擁しており、
その他にも高級住宅街として知られている目白や、
高齢者のインタビューや話題などで舞台になることが多く「おばあちゃんの原宿」として名高い巣鴨等があります。
巣鴨や駒込はすでに江戸期にはにぎわいを見せていたり武家屋敷が並ぶ町並みがありましたが、
現在の池袋地域は窪地であったために湿地帯として人家もまばらな農村でした。
明治36年にようやく、豊島線の池袋~田端間が単線で開通し、
それまでの信号所から昇格した「池袋駅」の開業の運びとなります。

もと徳川家の御料地であった場所には雑司が谷霊園が開設され、
現在の巣鴨から駒込にかけての、桜のソメイヨシノを産んだことで有名な旧染井村地区には、染井霊園が開設されています。

この鉄道の開通に伴いようやく池袋地区も徐々に市街地化することになるのですが、
東京都心に隣接する街の多くがそうであったように、池袋が急激に発展したのは1923年に起きた関東大震災後のことです。
この震災に伴い、多くの寺や会社や住宅が新興地である池袋周辺に移転してきたことが現在の大発展に砂がることになりました。
東京を代表する大ターミナル駅である池袋の利用者数は、新宿駅についで世界第2位と言われています。
その池袋駅には、JR山手線や湘南新宿ライン、東京メトロでは丸ノ内線や有楽町線や副都心線、
さらに東武鉄道や西武鉄道といった各線の乗り入れがあります。
豊島区でお墓を探す場合は、池袋を起点に四通八達の各鉄道網以外にも、
豊島区内を巡回する各種バスやタクシーを利用できますので、交通は至便であるといえるでしょう。
今年の発表によれば、池袋は住みたい町のナンバーワンに選出されたとのことです。
華やかさにはやや欠けるきらいはあるものの、交通至便の大商業地でもあり、
同時に庶民性の高い住み易い街としての評価にはうなずける結果であると思われます。

石の武蔵家では、豊島区内にお墓を持ちたいとお考えの皆様に、自信を持って紹介できるお寺や霊園を多数揃えております。
ホームページ上でご紹介している以外にも、お奨めしたいお寺や霊園墓地は多数ございますので、
豊島区内にお墓をお探しの方は是非ともご連絡下さいませ。

豊島区のおすすめ寺院

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e8%b1%8a%e5%b3%b6%e5%8c%ba%e6%b8%85%e7%ab%8b%e9%99%a2 %e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af %e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af
清立院

contact-image