足立区は東京都の北東部に位置していて、隅田川と荒川に挟まれた地区と、面積の大半を占める荒川以北の2つの区域に分かれています。
その昔海辺に接していた低湿地帯の一部であり、昔は湿原や荒地だったと推定されています。足立という地名の由来は、あたりに葦がたくさん生えていたので、「葦立ち」といったことから「足立」という名前になったとの説もあります。
鎌倉時代の頃から少しずつ人口が増え始め、室町時代になって当時の戦国大名だった千葉氏の所領となり、その後江戸幕府の支配下となりました。
江戸時代が終わり明治4年の廃藩置県に伴い周辺の47ヶ町村をもって南足立郡が設けられ、東京都に編入される形となりました。
更にその後、明治22年5月の市制町村制の実施や、昭和7年の市域拡張により、元々あった南足立郡を一つの区として作り直し、細かな境界変更などを経て、昭和22年に現在の足立区となりました。
現在では、荒川区南岸に位置する千住地区は、江戸時代におけるは日光街道と奥州街道の第1宿「千住宿」であり、現在はターミナル駅である北千住駅を擁する区内随一の繁華街と言われています。

墓石といっても、霊園や寺院墓地に行かなければ通常は見ることが出来ません。
この足立区の場合には、墓地といっても都営霊園や本格的な民営霊園は区内にはなくて、区外の霊園で自家用の墓地区画を求めるか、区内及びその周辺にて寺院の境内墓地を求めるかの選択となるようです。

足立区の交通事情の特徴としては、鉄道路線のルートだけでもJR常磐線や東武伊勢崎線・京成本線・東京メトロと言った交通ルートが8路線あるという点です。これだけ多いといかなる場所から足立区周辺にあるお墓参りに行くにしても、これらの鉄道を軸として、市内循環バスを併用することで、きめ細かな通勤や移動が可能となりますね。
もちろん足立区内には日光街道・奥州街道と言った現在でも欠かすことのできない幹線道路が通っており、自家用車を利用して市内に入り、そのままお墓参りを行うにも便利です。

石の武蔵家では、足立区の寺院・霊園に墓石を建てたいとお考えの皆様に、墓石を建てる上で重要となる寺院・霊園の優良墓地情報を提供しております。どの情報も、お墓探しを行う上で、石の武蔵家が自信を持ってオススメできる場所となっておりますので、足立区に墓石を建てる際には、是非ともご相談下さいませ。

源証寺 瑞応寺 勝専寺

contact-image