飯能市は埼玉県南西部に位置する人口およそ8万2千人の市で、県内では3番目の大きさとなっています。
明治22年に施行された町村制に伴い、当時まだ小さな町であった高麗郡飯能町とその周辺の町村が合併し、現在まで続く飯能市の原型となる飯能町が出来上がりました。
その後も何度も合併を繰り返し、昭和29年には市制の施工により飯能市となりました。

飯能市周辺は中世の頃から林業で栄えていたと言われ、江戸時代における江戸での相次ぐ火事による木材需要の増加に伴い、発展していったと言われています。
この時、入間川や高麗川の水運で運ばれてくる飯能の杉や桧と言った材木は、西川材と呼ばれて広く使われておりました。
現在も飯能市周辺では市域の約76パーセントを森林が占めており、それに比例する形で林業が主要産業のひとつとしてあげられています。

また、飯能市は織物も重要な産業のひとつです。こちらは奈良時代に高麗王若光が隣の高麗に移り住み、そこからこの地方に集められた1,800人近くの高句麗の人々により、紙漉き、織物、濃厚を初めとした当時の先進技術が一挙に入ってきました。
その関係もあって、飯能市では飯能大島紬に代表される繊維産業の基盤が出来上がり、これが結果として、現在に至るまで飯能市を織物の街であると呼ばれるようになりました。

現在ではどちらも外国産の安い製品に押され気味ではありますが、緑と清流という自然に恵まれた飯能市は、古くからある豊かな森林と古いながらも美しい街並み、さらに昭和40年台からは進行している宅地、それらが三位一体となった姿が評価されています。
そして平成17年の4月1日には「森林文化都市」を宣言。自然と都市機能が調和した暮らしやすい近郊住宅都市となっています。

そんな飯能市で代表的な寺院をあげるとすると、やはり能仁寺が挙げられます。能仁寺は飯能市飯能にある曹洞宗の寺院で、本堂裏手にある池泉回遊式蓬莱庭園は安土桃山時代末期の作品と言われる庭園で、市の指定文化財に指定され、さらに日本の名園百選にも選ばれるほどの美しさを誇る庭園です。もちろん能仁寺以外にもオススメできる寺院はたくさんございます。
墓地を探す際には、やはり地元のお寺さんの境内墓地が対象となる場合が多いようですが、同時にまた、東京の奥座敷に位置する飯能市には大型の霊園が早くから開設されていて、墓地を探す際の選択肢の一つとなってきています。

そんな飯能市に行く場合の交通アクセスを見てみると、都心から50kmほど離れているにもかかわらず、非常に洗練された交通アクセスを持っています。
その証拠に、東京の八王子駅から群馬県の倉賀野駅を結ぶJR八高線や、池袋駅まで直接である西武鉄道池袋線といった優れた鉄道ルートと、それらを補う各種路線バスの交通手段が豊富な点があります。
例えばJR八高線ならターミナル駅となる東飯能駅から八王子駅までわずか34分。西武鉄道池袋線なら飯能駅から池袋駅まで特急電車を利用して約42分です。
さらに市内には飯能駅から国際興業バス・西武バス・イーグルバスの3社の路線バスが市内を隅々までサポートしているおかげで、駅までの移動手段がない、と言った自体も殆どなく、利便性に非常に優れていると言っても過言ではありません。
道路交通についても圏央道の葉山・日高ICから約15分、同じく圏央道の青梅ICから約15分と近く、圏央道を経由する関越道や中央道を利用することで、自家用車をお持ちの方でもお気軽に市内に入ることができます。
そのため、飯能市やその周辺地域にある墓地にお墓をお持ちのお客様が、目的地に向かうための快適な移動をお約束いたします。

石の武蔵家では、この飯能市及びその周辺地域で墓地をお探しのお客様に対して、優良墓地情報を提供しております。前述のとおり飯能市は非常に立地に優れた素晴らしい市ですので、墓地をこの周辺でお考えのお客様は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

contact-image