飯能市は埼玉県の南西にある市です。人口はおよそ8万2千人。
市の東側は狭山市と入間市に、南側は東京都青梅市と奥多摩町に、西側は秩父市と横瀬町に、
そして北側はときがわ町・越生町・毛呂山町・日高市にそれぞれ接しています。
飯能市の地形は北西部の山地と南東部の丘陵地および台地、
そして北の高麗丘陵と南の加治丘陵の間の台地部分に分けられていて、市の人口は北と南に挟まれた台地部分に集中しています。
主に林業と織物が主要産業で、どちらも江戸時代や奈良時代といった古い時代から続けられている歴史ある産業です。

飯能市では毎年11月に飯能まつりと呼ばれるお祭りが行われています。
これは、勇壮絢爛な山車や底抜け屋台が街中を練り歩き、賑やかな屋台囃子が晩秋の奥武蔵に響き渡るお祭りで、
提灯に灯が入る夜の引き合わせる様子はまるで絵巻物を見るかのようです。
その他、獅子舞やポップスコンサート、おまつり広場での各種イベントなどが行われ、家族揃って楽しめる要素が盛りだくさんのお祭りです。
このお祀りの始まりは、明治元年(1868)に行われた南高麗・間野・直竹での山車曳航が最初で、
市街地でも明治中頃には鎮守祭礼に山車を曳く町内が現れていました。
大正期に入ると各地で山車建造・購入が盛んとなり、神社祭礼はもとより昭和3年(1928)に行われた昭和御大典祭や、
昭和15年(1940)に行われた紀元2600年祭りといった大規模祭典にも各町内で山車を曳く様子が見られたと言われています。
第二次世界大戦後、昭和21年(1946)に行われた復興祭で山車祭りが復活し、現在でも多数の山車を曳く姿を毎年見ることができます。

そんな飯能市やその周辺にある霊園墓地でお墓探しを行う際のポイントの一つに、
家から霊園墓地までの距離や実際の所要時間があります。
将来いつまでも自分で運転をしながらお墓参りが出来るものとは限りませんから、
霊園墓地を見学する際には、当市やその周辺地域の公共交通をチェックすることも大切です。
当市の交通アクセスとしては、JR八高線でターミナル駅となる東飯能駅から八王子駅までの所要時間はおよそ34分。
西武鉄道池袋線の飯能駅から池袋駅まで特急電車で42分と、非常に優れた鉄道ルートがあります。
飯能駅から国際興業バス・西武バス・イーグルバスの3社の路線バスが市内を循環しているおかげで、駅からの利便性も良いようです。
道路交通としては、圏央道の葉山・日高ICから約15分、同じく圏央道の青梅ICから約15分と近く、
圏央道を経由する関越道や中央道を利用しての、
自家用車で当市やその周辺地域の霊園墓地にお墓参りを行おうと考えている方にもおすすめできる環境です。

石の武蔵家では、当市やその周辺地域にある霊園墓地でお墓を建てたいとお考えのお客様に対して、
優良墓地情報を提供しております。ホームページに記載されていない霊園墓地についてもご紹介できますので、
当市やその周辺地域の霊園墓地でお墓を建てたいとお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

contact-image