皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

昨今はテレビゲーム機やスマートフォンやPCといった、
専用・汎用的な電子機器でゲームをする人が増えています。
一昔前では子供は外で遊んでいるという風潮が圧倒的でしたが、
近年の公園の遊具が危険性により排除されたり、
そもそも公園が町から無くなるなどして子供達の遊び場が減ったことから、
友人や自分の家でテレビゲームで遊ぶというのが主な背景なようです。
しかしながらテレビゲーム機などを使用せずに遊ぶゲームもまだまだ負けてはいません。

トランプに代表されるようなカードゲームを始めとして、
将棋・囲碁といった昔ながらのテーブルゲームや、
人生ゲームやすごろくといったボードゲームなどは、
現在でも家族そろって遊ぶことができるツールとして親しまれています。
特に一部の海外では日本と違ってテレビゲーム自体がそこまで多くないことから、
従来のトランプ以外にも日本や海外からカードゲームが輸入され、
数多くの子供達が熱中していると言われていますし、
最近では将棋のルールを可能なまで簡略したどうぶつしょうぎと呼ばれる将棋など、
テレビゲームに夢中な子供たちの興味を引くために様々な試みがなされています。

また、今月9月11日から新宿駅新南口直結のルミネにおいて、
世界70か国以上で愛されている世界最大のトレーディングカードゲームである、
「マジック:ザ・ギャザリング」展が世界で初めて開催されます。
幻想的な世界を舞台にしたカードゲームで、
様々な実績を残すアーティスト達によって描かれたイラストは、
数多くのファンやコレクターがいるほどの人気となっています。
日本人のアーティストとのコラボ作品もあるようですので、
お孫さんを一度連れて行ってみてはいかがでしょうか?