三郷市は埼玉県南部最東端に位置する市です。人口はおよそ13万4千人。
関東平野に位置し、全体的に平坦な地形が特徴です。市の東側には江戸川が、西側には中川が、
そして中央部に大場川が流れており、水と緑の自然に恵まれた市として知られています。

東京都心から20km圏にあり東京都に隣接していることから、高度経済成長期以降は市内南部での宅地化が進みました。
三郷市がかつて東和村、彦成村、早稲田村が合併し三郷村として成立した昭和31年(1956)からわずか16年となる昭和47年(1972)で市制施行されたことからも、
その急速な発展ぶりを伺うことができます。
また、市内北部でも同様にベッドタウン化は進んでおり、
市北部を走るJR武蔵野線沿線では大規模団地など規格化された住宅地が多いのも特徴のひとつです。
近年で首都圏へのアクセスとして注目のつくばエクスプレスの開通に伴い、
その沿線上では住宅地以外にも市街化区域が広がり、東部を中心にさらなる発展を続けています。

この様に急速に発展してきた三郷市ですが、これに平行して市内各地に霊園墓地が続々と作られていきました。
もちろん昔からある寺院墓地も続いており、三郷市付近を含めた墓地の数は相当な数に上ります。
市内やその周辺でお墓探しを行う場合には、家から墓地までの距離と交通アクセスの便利さが重要な要素ですが、
その点ではこの市及び周辺は条件的には大変良いといえます。
鉄道としては、北部にJR武蔵野線、そして中央部につくばエクスプレスがそれぞれ通っており、
埼玉県内や千葉県内を横断しつつ西国分寺駅や西船橋駅などで別路線に乗り換えられ、
つくばエクスプレスなら秋葉原駅まで直通、ということで、都内各所と自在に行き来することが可能です。
また、この鉄道路線による交通アクセスを更に便利にしてくれるのが市内を走る各種バス路線です。
東武バスや京成バスなどの各種路線バスが三郷駅・新三郷駅・三郷中央駅を結ぶ路線のほか、
金町駅や松戸駅・吉川駅・吉川美南駅・松原団地駅といった周辺を走る鉄道駅へのアクセスも行っており、
周辺地域への移動を支えてくれています。

石の武蔵家では、三郷市及びその周辺地域にある寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image