お墓を建てるには、まずお墓を立てる場所を探し、墓石を選び、文字を刻み、そして納骨となりますが、その手順一つ一つに簡単そうでいて、結構厄介な取り決めやしきたりがあります。たとえば、どこにお墓を建てるか場所を決める際に、墓参りがしやすい交通の便の良いところ、見晴らしの良いところ、家に近いところなど、希望は様々だと思います。

そして、もう一つ、宗派のことも忘れることはできません。仏教の場合だけを考えても、宗派がいろいろありますので、各家の宗派によってお墓を立てる墓所・霊園が違ってきます。

石の武蔵家にも、お問い合わせをいただくことがあるのですが、田舎のお墓が日蓮宗のお寺にあるので、東京での新しいお墓も日蓮宗のお寺に建てたい、といったご希望をお持ちの方は多いものです。若い頃、我が家の宗派が何であったのか、あまり気にせずにいても、いずれは自分のお墓は自分で立てなければと思った時には、やはり先祖と同じ宗派を望まれるのではないでしょうか。

日蓮宗は、唱名ではなく、「南無妙法蓮華経」というお題目を唱えますが、法華系の宗派となります。おそらく、ご実家が日蓮宗であれば、やはりご自身がお墓を立てられる時には、日蓮宗のお寺を選ぶ必要があるでしょう。

東京都内にも、お勧めできる日蓮宗のお寺があります。中には、JRの駅からわずか数分という交通の便の良いお寺、お寺全館がバリアフリーで車いすの使用ができるお寺、様々な日蓮宗のお寺をご紹介できる準備があります。ただし、日蓮宗にこだわりたくないという場合は、都営の霊園や墓所など、宗派に関係なくお墓を立てられる場所がありますので、そういった公営の霊園にお応募してみるのもいいかもしれません。

石の武蔵家では、墓石の販売・工事を行っている石材店ですが、これまで多くのお墓に関わってきた経験から、安心してお墓探しができるよう、そしてご希望に沿った墓石を建てることができるよう、ご家族の安住の地を求めるお手伝いをさせていただきます。

contact-image