熊谷市は埼玉県の北部にある市です。人口はおよそ20万人。
江戸時代には中山道の宿場・熊谷宿が置かれ、交通の要所の宿場町として栄えたことで知られています。

現在の熊谷市はスポーツが比較的盛んな市として知られ、選抜高校女子サッカー大会を始めとした様々な取り組みを積極的に行っています。
中でも代表的なものが熊谷さくらマラソン大会です。こちらは毎年3月下旬に行われる市民マラソン大会で、
毎年全国各地から集まった多くの参加者が、桜の名所である熊谷桜堤の下を、地域住民を始めとした多数の市民の応援を受けながら走ります。
また、ハーフマラソン以外にも、10キロメートルから1.5キロメートルまで様々なコースが用意されており、
個々の実力に応じた参加が可能となっていることも特徴のひとつです。
レース後の充実した当地ならではの特産品やB級グルメといったサービスも楽しむことができます。

また、当市は日本で最も暑い街であることでも広く知られるようになりました。
これは日中に吹く南寄りの風が東京などの大都市を通っている間に暖められ、
この地域にまで来た頃にはとても熱い風となってやってきて上空の西風が秩父の山を超えた後に降りてくる際のフェーン現象により、
市内や周辺部では気温が非常に暑くなります。
そこで当市では、地域の美味しい水から作った貫目氷を雪のようにふわふわに削って、
協賛店ごとにオリジナルのシロップを使用したかき氷である「雪くま」を開発して人気となっています。
この「雪くま」と普通のかき氷との最大の違いは、食感です。雪の粒が残る通常のものと比べ、
「雪くま」はふわふわ感のある昔ながらの削り方をしているため、
口に入れると淡雪を食べた時のようにふわっと溶けてなくなるという特徴があります。
日本一暑い町であることを逆手に取っての発想から生まれた、この美味しいかき氷も市民の自慢のひとつです。

この熊谷市で墓石と言えば、寺院・霊園などの墓地の話になりますが、魅力的な寺院や霊園にはこと欠かないのも当市の特徴のひとつです。
古くから栄えたこの町には由緒ある寺院も多く、その境内墓地にでは見事な墓石の数々を眼にすることが出来ます。
そんな当市やその周辺で墓石を建てる場合、重要となるのはやはり家から墓石を建てる寺院・霊園墓地までの距離や所要時間・それに移動手段となります。
これらの要素を十分満たした寺院・霊園墓地ならば、
お墓参りの際に公共交通機関に頼らざるを得なくなった場合でも安心してお墓参りに行くことができます。
当市周辺からは熊谷駅をターミナル駅として、JR上越新幹線や山手線・JR高崎線や、
乗り入れにはなりますが湘南新宿ラインとも直通運転を実施しており、
この周辺でお墓探しを行うお客様に取っては、この便利さには感激することでしょう。
また、道路交通についても同様に、市内にはバスターミナルと呼ばれる施設はないものの、
大多数のバス路線が熊谷駅南口のロータリーで発着しており、鉄道と同様に熊谷駅が市内におけるバス移動やタクシーも利用することができます。

石の武蔵家では、この地域周辺で墓石を建てたいとお考えのお客様に対して、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
また、建てる寺院ないし霊園が決まり、実際に墓石を建てる段階になってからも、
お客様のご要望に応える形で、お客様にあった墓石工事のご提案させていただくことが可能です。
どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image