福生市は東京都多摩地域にある市で、この福生市という文字は「ふっさし」と読みますが、初見で読める方はなかなかおらず、日本における難読地名の一つに数えられています。
人口は6万人弱で、面積は10.24km²ですが、市内には米軍の横田基地があり、治外法権によりこの基地の面積を除外した実質行政面積としては約74 km²弱と全国でも下から三番目に小さな面積の市となるのだそうです。

現在の福生市地域は、秋川流域に面していたため室町時代当時より豪族間の勢力争いの沿い前線に位置することとなり、軍事上の重要な地点であったということです。
現在にあっても、東京の奥座敷たる奥多摩の玄関口に位置する福生市は、国道16号と奥多摩街道や五日市街道が交差する地点であり、西多摩地区における交通の要所であることは今もなお変わりません。
豊富に上質の水があることから古くからの酒の醸造元が現在でも営業を続けています。
また、東京都選定「東京の名湧水57選」に選ばれている湧水で有名な市内の清岩院があり、ほかにも寺社がたくさん存在します。
市内を出て西側には民営霊園のさきがけになる大規模な霊園が早くから設置されていました。付近の中・小規模の民営霊園の数ならば相当な数に上ります。
市内や市の周辺でお墓探しを行うとなると、重要になるのは、やはり家から墓地までの距離であるといえるでしょう。そういう点では福生市はたくさんの交通手段の選択肢があることが利点となります。
鉄道の路線としては、立川駅から西多摩郡奥多摩町の奥多摩駅までを結ぶJR青梅線には福生駅・牛浜駅・拝島駅があります。
東京都昭島市の拝島駅から東京都あきる野市の武蔵五日市駅までを結んでいるJR五日市線には、熊川駅と拝島駅があり、東京都八王子市の八王子駅から群馬県高崎市の倉賀野駅までを結ぶ八高線には東福生駅と拝島駅というように、JRだけで3路線複数駅が到着する交通の便の良さがあるのです。また、市内を巡廻する福生駅からのバスや拝島駅からのバス、さらには早朝急行となりますが羽田空港行きのバスなども完備しているため、交通面でお墓探しを考えた場合、この地域でのお墓は悪くない選択肢であると言えます。

石の武蔵家では、福生市及びその周辺地域にある寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様のために、石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image