秦野市は神奈川県中西部にあり、人口はおよそ16万8千人です。
県内でも5番目の広さを持つ市で、丹沢の麓に位置し、市域の半分は山林となっています。
市内にある市街地は四方を山で囲まれており、市内の山だけでも大山・行者岳・塔ノ岳・新大日・烏尾山など多数あります。
神奈川県の行政区域としては湘南に含まれてはいますが、海には面していません。
北部と西部に丹沢山地が連なり、東は相模平野と秦野盆地に挟んでいる大根台地があり、
南には大磯丘陵が横たわる秦野盆地が市の中心部となっています。
秦野盆地内には金目川水系の河川により複合扇状地が展開しています。

中世以来の煙草の産地として有名でしたが、タバコ栽培がこの地の経済の中心でしたが、
昭和に入ってタバコ産業の工業化の進展の中で、地場産業としてのタバコ栽培は衰退しました。
秦野市では現在、市を挙げて恵まれたその自然環境を維持する取り組みを行っています。
平成13年(2001)より日本の市町村のなかから、
自然保護や環境保護の分野において優れた行政活動を行なっている自治体を選出するコンテストである、
「持続可能な地域社会をつくる日本の環境首都コンテスト」に参加し、第5回コンテストで「奨励賞」を受賞しています。

そんな秦野市でお墓を建てる為の墓地を探そうと考えた場合には、市内にある数ヶ所の霊園か寺院の境内墓地、
また納骨堂などが対象として考えられます。そのため、まずは実際に墓地を見学してみて、自分の家に合った墓地を探すことになります。
宗旨のことや環境などポイントとなることが色々ありますが、その中でも特に重要なポイントとしては、
家から墓地までの距離や交通アクセスがどのようになっているかも大事です。
例えば距離が遠いとか、所要時間がかかり過ぎるとか、そういう問題を抱えてしまった場合、
お墓参りがしづらくなってしまうということもあり得ますから、この点にも注意が必要です。

秦野市の交通アクセスについて調べてみると、東京都新宿区の新宿駅から小田急電鉄小田急線を利用することで、
これ1本で秦野市まで移動することができるというアクセスの自由度が特徴です。
それ以外にも市内を循環している各種路線バスといった公共交通機関の他にも、
東名高速道路秦野中井ICを初めとした高速道路及び市内の県道を利用する場合でも便利な形となっており、
秦野市及びその周辺にある墓地にお墓参りを行う方のあらゆる移動手段に対応できる汎用性があります。

石の武蔵家では、秦野市及びその周辺地域にある寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
当市で寺院墓地や霊園墓地をお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image