草加市は埼玉県南東部にある市です。人口はおよそ24万5千人。
水と緑に恵まれた中川と綾瀬川下流域に開けた東西7.24キロメートル、南北7.6キロメートル、総面積27.42平方キロメートルの都市です。
昭和33年(1958)に人口3万4878人で市制を施行し、昭和37年(1962)に実現した東武伊勢崎線と地下鉄日比谷線の相互乗り入れや、
当時マンモス団地と言われていた松原団地の造成等により、翌年には人口が5万人を突破し、昭和43年(1968)には、
埼玉県では8番目となる人口10万人を超える大都市となりました。東京近郊という立地条件の良さも相まって、
昭和50年代後半からも人口は急激に増え続けています。

現在、草加市では「今様・草加宿」推進事業を推進しています。
この事業は江戸時代初期における草加市のルーツである草加宿が日光道中第2の宿場として栄え、
旅人を温かく迎える、旅立ちを送るもてなしの精神に育まれた町として成長していたことを踏まえて、
旧町地区と草加松原・綾瀬川左岸地区をひとつの都市軸として捉え、スローライフの視点を織り込みつつ、
草加固有の歴史と文化を活かしながら、この時代にふさわしい、個性と活気あふれる草加市のシンボルゾーンとして再生することを目標とし、
「ゆっくりとした時間」、「ゆったりとした空間」を創出し、住んで良く、来て見て楽しいまちづくりを進めていくための事業です。
ちなみに今様とは、「今風の」「現代的な」という意味を持っています。

そんな当市でお墓探しを行う際に気になるのは、家からお墓までの距離や所要時間です。
この点をしっかりと考慮しないままにお墓を決めてしまった場合、
いざ公共交通機関に頼ることになった場合に、自分達でお墓参りに行けないといった問題を抱えることになってしまいます。
当市では国道4号線に加え、東京外環自動車道やその高架下の国道298号線のおかげで、
タクシーや自動車を利用した移動が格段に向上しています。そのため、車を利用したお墓参りなどが行いやすい環境となっています。
また鉄道についても、東武伊勢崎線の草加駅を中心に東京メトロ日比谷線利用で都心部へアクセスできますので、
公共交通機関を利用したお墓参りが行いやすい環境となっています。

石の武蔵家では、当市及びその周辺地域にある寺院・霊園墓地でお墓探しをお考えの皆様のために、
石の武蔵家が自信を持ってご紹介できる優良墓地情報を提供しております。
この地域でお墓探しをお考えの皆様は、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image