鶴ヶ島市は埼玉県中央部に位置する人口7万人ほどの平成4年に誕生した若い市です。
この地域の地勢としては入間台地の先端部に位置し、標高では30メートルから50メートル程度に、南西から北東に向けてなだらかに下っているのが特徴です。
かつては田畑や雑木林の広がる純農村地域であったものの、1960年代以来の高度経済成長期に人口の流入が起こり急激に宅地化・商業地化も始まりましたそして現在もなお、鶴ヶ島市の宅地化・商業地化はまだ進行中です。

埼玉県の各地域と同様に、市内各所より旧石器時代の遺跡が多数発見されており、また、縄文時代の当時の遺跡も数多く残されております。ただこれらはいずれも特筆すべき内容のものではありません。
一方、古墳時代に作られたいくつかの古墳が作られており、そのなかでも鶴ヶ丘稲荷神社古墳は古墳時代末期としては大きなもので、当時のこの地域の権力者の権威をうかがい知ることができるものとなっています。
鶴ヶ島市及びその周辺にはかなり早くから都心部の墓地需要に応えての民営霊園の開設が行われてきており、そして現在もなお霊園の新規開設が相次いでいます。

鶴ヶ島市の交通事情を見ると、鉄道路線は東武鉄道東上線か越生線の2路線とシンプルな更正となっております。一応、東武東上本線の若葉駅が坂戸市の市境にありますが、基本的にはこの2路線がメインとなります。
東上線は鶴ヶ島駅から池袋駅まで所要時間42分と比較的近い移動時間となっており、お墓参りをする上では短時間で目的地に行けるということは、プラスに働きます。その一方で越生線は埼玉県坂戸市から入間郡越生町を結ぶ鉄道路線で、埼玉県内から鶴ヶ島周辺の霊園まで向かうのに有用な交通手段です。
一方、バス路線については、市内を東武バス及びつるバスが市内を巡回しており、バス路線が届かないところをタクシーで補うという形をとることで、お墓参りしやすい環境となっております。

石の武蔵家では鶴ヶ島市でお墓をお考えの皆様のために、石の武蔵家が自信を持ってオススメできる寺院・霊園の優良墓地情報をご紹介しております。ホームページに記載されていない寺院情報や霊園情報もございますから、どうぞお気軽にご相談下さい。

contact-image