皆様こんにちは。
石の武蔵家システム担当のやまもです。

石の武蔵家が作成し、お客様に送付している資料にはQRコードが付いています。
携帯電話やスマートフォンのカメラを使ってQRコードを読み取ると、
石の武蔵家のホームページやメールアドレスに接続することができます。
最近ではQRコードを用いてチケットの販売や、
プリペイドサービスにも利用する事ができるようです。

そんなQRコードですが、開発されたのは1994年と比較的新しい発明です。
皆様もご存知QRコードは正方形に白黒のドットが描かれたコードですが、
これらのドットのパターンに情報を埋め込むことで、
QRコード読み取りに対応したカメラがその情報を取得し、
ホームページのアドレス等を開くことができるようになるわけです。
似たようなコンセプトでは買い物をする時に箱等についているバーコードがありますが、
こちらはバーコードとは違って横軸・縦軸の両方に情報を持っていることから、
格納できる情報量が多いという特徴があります。

近年ではより多くの情報量を格納でき、
更に正方形だけでなく長方形の形に出力できるようになった、
iQRコードと呼ばれるものも登場してきています。
近い将来、これらQRコードの発展によって、
音楽や動画といったデータを出力することも夢ではないかもしれません。